【閲覧注意】国境を越えて壮絶レイプ&殺しまくり→宣言通り即自殺! 「死の詩人」としての人生を駆け抜けたカリスマ連続殺人鬼の真実

【閲覧注意】国境を越えて壮絶レイプ&殺しまくり→宣言通り即自殺! 「死の詩人」としての人生を駆け抜けたカリスマ連続殺人鬼の真実の画像1ジャック 画像は「Murderpedia」より引用

 1991年春。犯罪率が低い国として知られるオーストリアの首都ウィーンで働いていた娼婦4人が忽然と姿を消し、その後、郊外の山で遺体となって発見されるという事件が起こった。

 最初に発見されたのは25歳のサビーヌ・モイッチの遺体で、5月20日にハイカーが見つけた。彼女自身がはいていた下着で首を絞められ、うつ伏せで足を大きく広げられた屈辱的な姿だった。その3日後、別のハイカーにより、カリン・エロウルの遺体が発見された。着ていた服で首を絞められた上、全身に無数の殴られた痕が残っていた。6月に入り、同じように衣服で首を絞められた遺体で発見されたのはシルビア・ザグラー。3人とも娼婦だったが、売春が合法であるオーストリアでは、娼婦が殺害される事件は滅多に起こらない。警察は気を引き締めながら、連続殺人事件として捜査を始めた。

 凶悪犯罪が少ないオーストリアで、連続殺人鬼が野放しになっているという事実に国民は震え上がった。メディアはこぞって事件を特集し、誰もがこの事件の話をした。40歳のジャック・ウンターヴェーゲルという作家でジャーナリストの男も、この事件に並々ならぬ感心を寄せた。彼は赤線で働く娼婦たちに取材し、ラジオで彼女たちがいかに危険な状況で働いているのかをレポートした。ジャックのレポートに多くのオーストリア人が興味を持った。なぜなら、彼は過去に殺人を犯した男だったからだ――。


■殺人を犯し、更生し、セレブになった男

 ジャックはこの事件が起きる15年前、ドイツでマーガレット・シェイファーという18歳の女性を殺害した罪で終身刑に処された。ろくな教育を受けたことがなかった彼は、刑務所で読み書きを覚え、小説を書くようになった。そして作品が高く評価されるようになり、1990年5月、「見事に更正した」として仮釈放された。釈放後は、テレビのトーク番組に出演したり、雑誌の表紙を飾るなど、セレブとして何不自由ない生活を送った。身長は165cmと小柄な男だったが、ダンディーにスーツを着こなし、時には刑務所で入れたタトゥーを披露するなど「ヤンチャな顔」を見せるサービスもし、世間を喜ばせた。そんなジャックが、嬉々として娼婦連続殺人事件を取材するようになったのだ。

【閲覧注意】国境を越えて壮絶レイプ&殺しまくり→宣言通り即自殺! 「死の詩人」としての人生を駆け抜けたカリスマ連続殺人鬼の真実の画像2ジャック 画像は「Murderpedia」より引用

 犯罪慣れしていないウィーン警察は、犯人につながる手がかりを何一つつかめず苦戦した。遺体は長い間山に放置されており、娼婦が最後に取った客の目撃情報もない。しかし、現役を引退した70歳の元捜査官オーガスト・シャナーは、この連続殺人事件と、ジャックが1974年に起こした殺人事件がよく似ていることにすぐに気がついていた。オーガストはジャックをマークし、不審な行動をとっていないか捜査するようにと警察に提言した。

 その頃のジャックには18歳の恋人がおり、住まいはウィーンの高級住宅地、と娼婦を殺すような男には見えなかった。6月にはアメリカのロサンゼルスに飛び、「更正した殺人犯」として雑誌の取材を受けたり、「娼婦や売春について取材をしたい」とロサンゼルス市警を訪れてパトロールに同行させてもらうなど、5週間も滞在していた。その間、オーストリアの娼婦が姿を消したり殺されたりするという事件は起こらなかった。そしてオーストリアに帰国したジャックは、警察にマークされていることを知っているようだった。

■別の都市で起きた娼婦連続殺人事件とも酷似

 そして同時期、オーストリア第2の都市グラーツの警察は、同市の赤線の娼婦3人が殺害された未解決事件が、ウイーンで起きた連続殺人事件と非常に似ていることに注目していた。1990年10月にブルンヒルド・マッサー、12月にハイデマリー・ハンマー、1991年3月7日にエルフリーデ・シュレンプという娼婦たちが、グラーツの赤線から忽然と姿を消し、後に郊外の山で遺体となって発見されるという事件が発生していたのだ。同年末に、ハイカーにより発見されたハイデマリーの遺体は、ストッキングで首を絞められ、引きずられたような傷があり、口の中にスリップが押し込まれ、足は大きく開いていた。その数日後に発見されたブルンヒルドの遺体も、腐敗が進んでいたが似たような状態で発見された。エルフリーデの遺体は、1991年10月にやはり似たような状態で白骨となって発見された。

【閲覧注意】国境を越えて壮絶レイプ&殺しまくり→宣言通り即自殺! 「死の詩人」としての人生を駆け抜けたカリスマ連続殺人鬼の真実の画像3ジャック 画像は「Murderpedia」より引用

 グラーツ警察は、ウィーン警察がマークしているジャックに、「3人の娼婦たちが消えた日、どこで何をしていたのか」と尋ねた。するとジャックは、1990年10月はずいぶん前のことで記憶にないが、3月7日には当時交際していた彼女とウィーンでデートをしていたと答えた。しかしその日、ジャックはグラーツ近辺のカフェでイベントを行っていたことが判明。アリバイは崩れてしまった。

 1992年2月14日、グラーツ警察はジャックに対する逮捕状を発行。彼の家に向かったが、そこにジャックの姿はなかった。警察は逃亡したとして国際指名手配に踏み切った。これに多くのオーストリア人がショックを受けた。ジャックはベストセラーにもなった本の中で、悲惨な身の上を語り、犯罪を犯したのは過去のトラウマが原因であり、今はきちんと更正したと繰り返し強調していたからだ。


■悲惨な幼少期と、凶悪犯罪を繰り返してきた半生

 ジャックは1950年8月16日、ムール川沿いに位置するユーデンブルクという街で生まれた。母親のテレジア・ウンターヴェーゲルは娼婦で、父親は第二次世界大戦後にオーストリア西部に駐留していた米軍の兵士。母と父は娼婦と客という関係だったため、名前も知らなかった。

【閲覧注意】国境を越えて壮絶レイプ&殺しまくり→宣言通り即自殺! 「死の詩人」としての人生を駆け抜けたカリスマ連続殺人鬼の真実の画像4ジャック 画像は「Murderpedia」より引用

 母は出産後、すぐにジャックの育児を放棄した。仕方なく彼を引き取ったテレジアの父はアル中のDV男で、家に頻繁に女を連れ込んだ。家は一間しかない祖末な小屋で、幼いジャックは祖父が女とセックスする姿を側で見ながら育った。7年後、市の福祉は「祖父はジャックを育てられる状態にない」と判断。その後、ジャックは里子を受け入れている家庭をたらいまわしにされた。親の愛、暖かい家庭とは無縁の環境の中で成長したジャックは、9歳になる頃には学校をドロップアウト。不良少年となり、16歳に娼婦を暴行したとして逮捕され、少年院に入れられた。

 少年院を出たジャックは、ドイツ語が通じるヨーロッパの都市を転々とした。女性に対して暴力的な青年に成長した彼は、行く先々で問題を起こし、24歳までに15~16回もの逮捕歴を持つように。そのほとんどが強姦、未成年誘拐、暴行だった。

 1974年12月、金に困ったジャックは当時交際していたガールフレンドと車でドイツの街を徘徊していた。その時、ガールフレンドが道を歩いている旧友マーガレット・シェイファーを見つけ、声をかけた。ジャックはマーガレットに「家に送るから」と車に乗るよう促した。ジャックはマーガレットの家に着くと、金目の物を渡せと脅迫。それだけでは物足らず、彼女を人気のない山に連れて行き、棒を使って暴行した上で彼女が着ていたブラジャーで首を絞めて殺した。

 この事件はすぐに足が着いた、警察に質問されたジャックのガールフレンドが全て話してしまったからだ。ジャックはオーストリアに強制送還され、ドイツで起こした殺人事件で裁かれることになった。裁判でジャックは涙を流し、反省の言葉を口にした。しかし、犯罪歴だらけの彼に陪審員たちは極刑を望み、1976年、ジャックは終身刑を言い渡された。なお、同じく1974年にマーガレットと同じようにストッキングで絞め殺されたマーシャ・ホーヴァートもジャックの仕業ではないかと疑われていたが、終身刑以上の刑はないからと、この件での裁判は行われなかった。

■刑務所で作家に転身、一躍セレブに

 そしてジャックがスタイン刑務所に収容される6年前、オーストリア政府は「凶悪犯罪者であっても更正したと認められたら仮釈放を申請できる」という制度を設けた。終身刑を受けたジャックは、自分が刑務所を出るのは、この制度を利用するしかないないと確信。子どもの頃、ろくに受けることができなかった勉強に必死で取り組み、刑務所内の図書館に入り浸っては本を読み漁った。彼は、本を執筆するという目標を掲げたのだ。刑務所に入っている殺人犯が書く本は、きっと売れるという自信があったのだろう。ジャックはジャンルを問わずいろいろな本を書いた。子ども向けの本まで書いた。そして、この子ども向けの本が売れ、世間から「心は清い」「政府の更正プログラムが功をなしている」と評価されるようになった。

【閲覧注意】国境を越えて壮絶レイプ&殺しまくり→宣言通り即自殺! 「死の詩人」としての人生を駆け抜けたカリスマ連続殺人鬼の真実の画像5ジャック 画像は「Murderpedia」より引用

 1983年、ジャックは『Fegefeuer』という本をリリースした。Fegefeuerとは、日本語で「煉獄」。カトリックにおいて「神により罪を許されたものの、その罪の償いが終わっていないため、死後、霊魂がおかれる清めの期間」のことを指す言葉である。ジャックはこの本で自分の生い立ち、刑務所での日常をフィクションを混ぜながら描いた。シンプルだがディープで悲劇的な内容のこの本は、多くの人の心を打ちベストセラーとなった。1989年には映画化までされた。ほかにも『Endstation Zuchthaus(刑務所の終端)』はオーストリアの栄誉ある文学賞を受賞。さらに『Scream of Fear(恐怖の叫び)』は舞台化されるなど、売れっ子小説家となった。

 サイコパスには「嘘をつくのがとても上手く、なおかつ人の心をつかむのが得意」「魅力的な人間を演じることができ、カリスマ性がある」という特徴がある。ジャックは人々が求める「更正することに成功した殺人鬼」「悲惨な生い立ちのせいで犯罪者になったが、見事更正したインテリ」を演じ、人々はそんな彼を信じ、支援するようになった。そして、1990年5月23日。終身刑を言い渡されていたジャックは、たった15年で刑務所を仮釈放された。

 釈放から2週間後、ジャックはオーストリアの人気トーク番組に出演。口の上手いジャックは、学者やジャーナリスト相手に熱弁した。白いスーツを着た彼にはカリスマ性があり、世間は彼のことをヒーローのように讃えるようになっていった。しかし、ジャックは決して更正していなかったのである。


■再び犯罪を繰り返すジャック、追う捜査官

 釈放から4カ月もしないうちにジャックは、取材と称してチェコ・プラハの赤線に赴いた。1990年9月14日、ジャックはブランカ・バチコバという娼婦を買い、首を絞めて殺害。郊外の山に遺体を捨てた。そう、刑務所内でジャックは、更正するどころか自分を捨てた母親と同じ娼婦に対する嫌悪感を高めていたのだ。出所後、最初の殺人は国外で行ったが、ジャックは自分が疑われることなどないという自信があったのか、2度目からは国内で次々と殺すようになっていった。ジャックの思惑通り、「更正したヒーロー」である彼のことを誰も疑わなかった。ただ1人、元捜査官のオーガスト・シャナーを除いては。

【閲覧注意】国境を越えて壮絶レイプ&殺しまくり→宣言通り即自殺! 「死の詩人」としての人生を駆け抜けたカリスマ連続殺人鬼の真実の画像6特捜部 画像は「Murderpedia」より引用

 オーガストは、70年代にジャックが起こした事件の捜査はもちろん、裁判にも携わり「こいつはとんでもない男だ」「恐ろしいサイコパスだ」と感じていた。そのため、ジャックが釈放され娼婦が殺され始めると、すぐに彼の仕業だと確信するようになったのだ。

 オーガストのアドバイスを得て、警察はジャックを捜査するようになり、それを嫌ったジャックは逃亡した。家宅捜索の結果、スカーフなど殺人の証拠につながりそうな物がいくつか発見された。ロサンゼルスに滞在した時にジャックが食事をしたレストランのメニューも見つかり、捜査官は「ロサンゼルスでも娼婦を殺したのではないか」と思い、ロサンゼルス市警に連絡。ジャックがロサンゼルスに滞在した期間に発生した娼婦殺しで未解決のものはないかと質問した。ロサンゼルス市警はすぐに「3件ある。3人とも首を絞められ、郊外の山に捨てられていた」と回答。オーストリアの捜査官たちは、これは国際連続殺人事件だと気合いを入れた。

■国境を越える大逃亡劇、そしてとうとう逮捕

 ジャックは、18歳の恋人を連れて国外逃亡した。バーで出会い、2週間後に同棲を始めたというこの恋人は、後にインタビューで「ジャックはとても気難しい男だった。刑務所での習慣が抜けないからと毎朝6時に起きた。私は掃除、料理を完璧にこなさなくてはならず、禁煙、禁酒も命じられていた」「本の執筆だけではそれほど稼げず、私にエスコートサービスをしろと命じたことがあった。客と食事に行くだけだと言ったが、実際には売春で私は拒否した。そしたら、スイスのバーで君にぴったりの仕事を見つけたと言ってきた。だから一緒にスイスへ行った」と証言。スイスでの生活が始まり、しばらくしてからジャックから「警察が追いかけてきた。オレは娼婦殺しだ。もう刑務所に戻りたくない。自殺する」と告白されたとも明かしている。

 彼女は一緒に住んでいる男が連続殺人鬼だとは信じられなかった。そのためジャックに従い、スイスからパリへ車で移動。ニューヨークへ飛び、さらにマイアミへと移動した。

 1992年2月14日、オーストリア警察はジャックに対して3都市で娼婦7人を殺害した容疑での逮捕状を正式に発行した。マイアミに潜伏していたジャックは、彼女をストリップダンサーとして働かせて生計を立てた。そして、オーストリアのニュース番組に連絡をし「自分は無実だ。オーストリア警察は大きな過ちを犯している。これでは真犯人を逃してしまう」と訴えた。「無実なのになぜ逃げているのか?」という質問には「二度と刑務所に戻りたくないからだ」と述べ、「無能なオーストリア警察は捜査に行き詰まり、全て私のせいにすることでごまかそうとしているのだ」と主張した。

【閲覧注意】国境を越えて壮絶レイプ&殺しまくり→宣言通り即自殺! 「死の詩人」としての人生を駆け抜けたカリスマ連続殺人鬼の真実の画像7ロサンゼルス国際空港のジャック 画像は「Murderpedia」より引用

 ジャックに無能扱いされたオーストリア警察だが、彼の自宅で押収したスカーフの繊維が、被害者の体に付着していたことを突き止めるなど、着実にジャックの犯行を裏付ける証拠を増やしていった。そしてある日、ジャックは「彼女がストリッパーとして稼ぐ金だけでは足りない」と言い、オーストリアにいる元交際相手に「金を送ってほしい」と電話で頼んだ。元交際相手はオーストリア警察にすぐに連絡。警察は「受け取り時間を指定し、送金したと伝えてほしい」と頼み、ロサンゼルス市警に連絡。金を受け取るため銀行に出向いた2人は、ついに待ち構えていた警察官に逮捕された。


■カリスマ殺人鬼の裁判、無実を信じる人も

 彼女は「殺人事件には無関係」として、すぐに釈放され、ウィーンに帰国することを許された。その数日後、ジャックは警察によりウィーンに移送され、グラーツ警察の拘置所に入れられた。そして、1994年4月20日に裁判が始まった。ジャックは3カ国で11件の殺人を犯した罪で起訴されたため、多勢の海外メディアが駆けつけ大騒ぎに。オーストリア国民は「世紀の大裁判だ」と注目した。

【閲覧注意】国境を越えて壮絶レイプ&殺しまくり→宣言通り即自殺! 「死の詩人」としての人生を駆け抜けたカリスマ連続殺人鬼の真実の画像8ジャック 画像は「Murderpedia」より引用

 しかし、オーストリア国民の中にはジャックの無罪を信じる者もいた。スーツを着て出廷したジャックはハンサムで相変わらずカリスマ的だったからだ。多勢のカメラマンに囲まれてフラッシュをたかれても、平然とした笑みを浮かべた。そして、「釈放されてからの1年半で150人以上の女性とセックスをした」「何もしなくてもたくさんの女性が寄ってきた。自分は娼婦を買わなくても女に飢えてない。娼婦を殺す理由もない」と主張した。

 しかし、裁判にロサンゼルス市警が送り込んだ犯罪学者が「3カ国で起きた11件の殺人事件、全て絞殺されているが、その結び方が全く一緒」だと指摘。オーストリア警察も、ジャックが処分したBMWの愛車のシートから被害者の髪の毛が発見されたことを明かすと、ジャックの表情から余裕が消えた。彼を支援してきたサポーターたちも日を追うごとに減っていった。

 裁判の最終日、ジャックは「わたしはブタのように育てられてきたから、殺人鬼じゃない」と陪審員に訴えた。しかし、陪審員たちは骨で発見された2件を除く9件の殺人で有罪とした。1994年6月28日、ジャックは終身刑に処された。

 ジャックは裁判の期間中、弁護士に「もしも有罪になったらすぐに自殺する。刑務所には二度と戻らない」と言っていた。終身刑が下った翌日の29日、ジャックは収容されていた刑務所で、パンツの紐で首を吊った姿で発見。宣言していた通り自殺した。

 ジャックの遺体を降ろした警官は、紐の結び方が、娼婦を殺した際の結び方と全く同じであることに気づいた。「死の詩人」と呼ばれた男は、43歳でこの世を去ったのだった。

参考:「Murderpedia」、「Biography.com」、ほか

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

【手相】適職診断“発信系”の手相  今回はラブちゃんに...

人気連載
9月20~26日「シルバーウィーク中のアナタを襲う悲劇」がわかる緊迫の4択占い!! Love Me Doが回避法も伝授!

9月20~26日「シルバーウィーク中のアナタを襲う悲劇」がわかる緊迫の4択占い!! Love Me Doが回避法も伝授!

■2021年9月20日~26日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【閲覧注意】国境を越えて壮絶レイプ&殺しまくり→宣言通り即自殺! 「死の詩人」としての人生を駆け抜けたカリスマ連続殺人鬼の真実のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル