高畑裕太のインスタはなぜすぐ非公開にならなかったのか? 芸能界SNS事情

関連キーワード:

,

,

高畑裕太のインスタはなぜすぐ非公開にならなかったのか? 芸能界SNS事情の画像1※イメージ画像:Thinkstockより

 今や一般人はおろか、芸能人たちも当たり前のように使っているSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。しかし、芸能人のSNSの使い方が、ここ数年で変わってきていると聞きつけ、プロダクション関係者に話を聞いた。

「芸能人も当然のように各種SNSを使って情報を発信していますが、そのほとんどが事務所の人間が書き込んでいるか、本人が書いたものを事務所が入念にチェックして更新したもの。やはり、発言ひとつで大問題に発展する可能性があるので、本人の常識の度合いにもよりますが、基本的には事務所の人間が介入しておかないと怖いわけです。ただし、その一方で、自分自身で更新している芸能人もいて、そういう場合には少々変わった使い方になっていますね」(プロダクション関係者)

 変わった使い方とは一体何であろうか。

「いわゆる落ち目の芸能人といわれるような人に多いんですが、話題になりやすい画像を更新しているケースが多いです。たとえば女性芸能人ならば露出度が高い派手な服装で撮影してみたり、ふくよかな胸の谷間を見せつけたりというパターンです。これらはネットニュースでも取り上げられるので、名前を世に出し続けておきたい落ち目の芸能人にとっては重宝しているわけです」(同)

 話題作りを本人が行うのは大変だが、ある特定のSNSでその傾向が顕著に現れているという。

「インスタグラムは写真一枚で話題を作れるので重宝している芸能人が多いです。TwitterやFacebookの場合には文章も必要になってくるので、文を書くのが苦手な人だと大変なんですよ。ですが、写真を撮ってアップするだけなら誰でもできるため、多くの芸能人が積極的にインスタを使っていますね」(同)

 たしかに写真のみというお手軽さは文章が苦手な人にとってはありがたいはずだ。だが、このインスタグラムの楽しさを聞きつけて事務所には内緒で、勝手に始める困った芸能人もいるという。

人気連載
奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

【日本奇習紀行シリーズ 北日本】  毎年この時期になる...

人気連載
2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

■2020年2月24日~3月1日「今週の運命を劇的に変え...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。