AKBぱるる卒業を“出禁の”日刊スポ―ツが謎のスクープ! AKS、レコード会社、事務所が大揉め!?

関連キーワード:

,

,

,

AKBぱるる卒業を出禁の日刊スポ―ツが謎のスクープ!  AKS、レコード会社、事務所が大揉め!?の画像1ParU』(主婦と生活社)

 AKB48から島崎遥香が卒業すると独自取材で報じたのは、日刊スポーツだった。

「日刊のスクープの前日、横浜アリーナに今年の総選挙でランクインした80名のみが集合した祝賀会があり、日刊の記者も取材していましたが、特別変わった様子はありませんでした。各スポーツ新聞に最大限有利になる取材をさせるレコード会社ですが、この日は島崎遥香がセンターとなるシングルの情報を、事前に日刊にも他の新聞にも教えることはなかった。そのシングルの情報も21:00頃の発表でしたので、翌日発行のスポーツ新聞の締切が22:00前後だということを考えると、なぜあんなスクープを書けたのかと、不思議に思えますよね」(スポーツ新聞記者談)

 日刊スポーツといえば、AKB48とは最も付き合いの深いスポーツ新聞だ。「月刊AKB48グループ新聞」というマニア向けの新聞まで発行し、完全に「AKB48の広報誌」として、運営の意のままに記事を作成する。その日刊が、島崎遥香の卒業をすっぱ抜いて書いたことに各スポーツ新聞も驚きを隠せなかったようだ。

「良くも悪くも我々は週刊誌と違うので、特に芸能界のニュースについては独自のルートでスクープを書くことはまずない。事務所からのリークを受け、特に付き合いが深い媒体が一番にすっぱ抜かせてもらえることになっています。それを、あたかも独自取材でのスクープと言っているだけです。でも、日刊は最近、辞めたAKB48メンバー関連のニュースでトラブルとなり、一時AKB48の取材を出入り禁止になっていた。その日刊がスクープを出したことで、これはもう、ネタ元は事務所だと確定したようなものですね」(同上)

 日刊は、「夏目三久アナが有吉の子どもを妊娠」とスクープして両事務所に全面否定され、特に夏目サイドの田辺エージェンシーには出入り禁止の措置を受けている。裏では、仲良しこよしだったAKB48にも出入り禁止を受けていたことになるようだ。

「日刊としても、これまでAKB48の人気拡大に協力してきたという自負があった。現にX、Y、Zという記者はAKB48にべったりで、どんな小さな会場にも取材に来ているとファンの間では有名な存在。まあ、記者たちの間では『ガチオタだね』と笑われているのですが(笑)。

 そんな中で、Zという記者がまず異動となり、最近ではYというどこの現場にもいた記者が取材に来ないことが多くなってきた。出入り禁止になった理由も、運営元のAKSではなく秋元サイドからのクレームだったという話もあり、日刊としても思うところがあったようです。

 特にXというリーダー格の記者はファンとSNSで口論するなど、運営も問題人物として見ている。そんなイザコザもあり、蜜月関係が崩れている証拠かもしれません。島崎遥香の事務所は有名なバーニング関連の事務所で、日刊とは昔から仲がいい。特に、AKB48との関係がなくなっても痛手がない島崎だけに、今回のリークが『事務所主導でした』という可能性は非常に高いですね。

 そうなると、今まで文春、新潮以外は意のままにメディアを操ってきたAKB48グループですが、この日刊のスクープをキッカケに、壁が崩れていく可能性は十分にあります。現場でも、ニュースになってとにかくCDが売れればいいレコード会社と、CD売上以外で儲けを出したい運営元のAKSで方針がまったく異なることも多い。そしてここに来て、その中間役で舵取りをしていた秋元康サイドが乃木坂46、欅坂46に力を入れはじめ、調整しなくなっている。

 人気も低迷しているAKB48ですが、運営サイドもガタガタで、小嶋陽菜、島崎遥香という人気メンバーの卒業というピンチを迎える中、混乱が日に日に拡大しているようです」(同上)

 ここまで、多くのファンがもたらす売上を武器にメディアを統制してきたが、そもそも人気がなくなってきた中で、決裂するメディアも出始めているようだ。AKB48の人気低迷に追い打ちを掛けることになるのだろうか。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

AKBぱるる卒業を“出禁の”日刊スポ―ツが謎のスクープ! AKS、レコード会社、事務所が大揉め!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル