川谷絵音の「ゲスノートの呪い」がまた発動!? SMAP、甘利明、千原ジュニア、ほのかりんに続いて…!

川谷絵音の「ゲスノートの呪い」がまた発動!? SMAP、甘利明、千原ジュニア、ほのかりんに続いて…!の画像4画像は、『ロマンスがありあまる(初回限定ゲスなトランプ盤)』(ワーナーミュージック・ジャパン)

「まず、川谷とほのかの件を受けて、ついにゲス極も活動休止を発表しました。それだけでも、メンバーにしてみれば迷惑以外の何でもない。その上、ゲス極は実質“川谷のワンマンバンド”なので、他のメンバーは常に川谷に気を遣い、もっと言えば顔色をうかがいながらやってきたところがあるんです。しかし、さすがに今回は度が過ぎるし、メンバーにとっては20代の大事な時期を巻き添えで謹慎なんて有り得ません。すべて川谷のしでかしたことなのに、グループのイメージも明らかに低下しており、今後彼らを待ち受けている道が決して優しいものではないことも確か。そのため、誰が辞めてもおかしくない状況になっています」

 メンバーが離れるのと新たなゲスノート発動、どちらが先になるだろうか。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ