ゲス極・川谷、略奪愛から結婚へ? スキャンダルの広告効果でアルバムもバカ売れ「もはやお見事」!

関連キーワード:

,

「ゲスの極み乙女。」の名前のとおりに、次々とゲスの極みな女性関係を週刊誌に暴露され続けている川谷絵音。今年のはじめに不倫騒動を川谷と起こしたベッキーはすべてのCM、レギュラー番組を降板。数億円という借金を抱えたと言われているが、そんなベッキーが仕事をなくし身を隠していた期間も、しっかりと川谷は儲けていた。

「紅白出演からの勢いのまま、ベッキーとの不倫で一気に知名度を上げ、また各番組で楽曲が使用されたことでアルバムはバカ売れ。しかも、番組での使用料もすべて作詞作曲をする川谷に入ってきます。また、LIVEも大盛況でチケットは即完を連発していました。日本武道館LIVEも超満員で大成功させ、次は横浜アリーナ・ツアーファイナルを目標としているようです。良くも悪くも、ゲスの極み乙女。としては広告効果が数億円あったと言われています」(音楽関係者談)

 そして今回、未成年タレントであるほのかりんとのお泊りデートを週刊文春に撮られた。舌の根も乾かぬうちにというか……。しかもほのかりんは、年上彼氏と同棲中で「寝とり」だったことも判明。さらに、現在は川谷と半同棲中だということまで判明。その上で未成年飲酒なども指摘され、ほのかりんは事実上の芸能活動休止状態に。このまま引退もあり得るという。

「ほのかりんは、弱小プロダクションながらマネージャーのがんばりでそこそこの知名度のある仕事が取れていた。しかし、今回の一件で出演中だったNHKの番組降板が決定的となるなど、信用はガタ落ちとなった。事務所としても倒産のピンチとなる事態です」(芸能関係者談)

 ここまで関係する女性タレントを再起不能にするなど、まさにゲスの極みな川谷。なぜか急遽、活動自粛宣言をし世間を騒がせた。しかし、この裏事情を音楽関係者が暴露する。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ