坂口杏里を売り飛ばした芸能界の黒い闇!ハマったら抜け出せない地獄の歯車とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

「実は、坂口のAV女優への転身は複雑な人間関係が絡んでいるんです。まず、坂口はAV女優になる前に、都内にある大手芸能プロダクションが六本木で経営する高級キャバクラで働いていた。しかし、テレビ朝日も近いことから身バレをし、すぐにほかの店に籍を置くようになった。ここも、芸能人のたまごや売れないグラドルなどが在籍することもある有名な店だったと聞きます。勿論、風俗店ですから黒い人脈も関与していますので、売れなければどんどん過激な接客内容を任されていくことになる。

 その歯車に組み込まれたのが今回の坂口杏里なのです。現在所属しているAVプロダクション自体が関与しているかどうかは不明ですが、坂口がAVデビューするまでの転落の道のりには“裏の人物”たちが複数関与しおり、紹介料をしっかりと懐に収めていたはずです。実際に、今回のAVデビューは複数契約で1億5千万円が用意されたと聞きますが、坂口が手にしたのは3千万円程度。週刊誌報道などでは1億円での契約と言われていますが、実際にはさらに5千万円近く高い契約で、結果として1億円以上が坂口以外に消えたともいわれているんです」(週刊誌記者談)

 魑魅魍魎たちに食い物にされてしまったように見える坂口杏里。これが本当に自分が選んだ最良の人生だったのだろうか…?

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。