【予言】2017年に世界崩壊が始まる!?「ゾロアスターの秘法」が告げる72年周期の法則と恐るべき近未来とは?

関連キーワード:

,

 筆者がずっと引っ掛かっていた超自然情報に、1991年9月7日の朝日新聞夕刊に掲載された、イラン系ロシア人の占星術師「パーベル・グローバの予言」がある。といっても、正確にはその予言の「一部」である。

 記事は「新ソビエト紀行 10」という連載もので、取材者はかの本多勝一氏。

 取材自体はその年の4月末に行われたという。当時はソ連の政局が酷い混乱状態にあり、世界が固唾を呑んで同国の行く末を見守っていた時期だった。この「新ソビエト紀行 10」はまた、かの五島勉氏が『ノストラダムスの大予言 残された希望編』(92年刊)で取り上げたことでも当時有名になった。五島氏は本多記者に個人的に接触し、グローバ予言の未公開部分を入手した上で同書を書き上げたのだ。

■的中したソ連崩壊とプーチン体制確立の予言

 結論から言うと、その時の予言は、当たりハズレがある。

 ゴルバチョフ失脚とソ連解体の予言についてはピタリと的中した。しかも、これらの混乱が「新体制で安定するのは2003年から4年にかけて」というのもほぼ史実通り。

 というのも、プーチンが第2代ロシア連邦大統領に就任した2000年5月当時、ロシア経済を支配していたのは「オリガルヒ」と呼ばれた新興財閥だった。そのオリガルヒが初代のエリツィンと側近政治家たちと癒着し、ロシアの国富の大半を支配していた。

 実は、当時の七大オリガルヒのうち6社がユダヤ系で、バックにいたのもロックフェラーとロスチャイルドだった。しかも、アル中のエリツィンに代わって真に政局を取り仕切っていたのが、外務大臣や首相を務めた経済学博士のプリマコフ(ユダヤ系)だった。プーチンは大統領に就任するや、ロシア国富の奪還作戦を開始した。それは端的にいって「彼ら」との壮絶な死闘だった。ようやくプーチンがロシアの手に富を取り戻したのが2003年〜4年にかけてだったのである。つまり、グローバ予言通りだ。

 以降、原油・天然ガス価格の上昇もあって、ロシア経済が大躍進を遂げた。ただし、プーチンと「彼ら」との戦いが今でも続いていることは、トカナの読者もご存知の通りだ。

 対して、グローバの中東情勢に関する予言は、まったく駄目。大ハズレである。


■人間の集団は72年のリズムを持つ?

 さて、私のアンテナに引っ掛かったのが、実は「宇宙の摂理として72年の周期があり・・」というグローバの言葉だった。五島勉氏が次のように著書で補完している。

これもゾロアスター教に伝わる秘法のひとつだ。それによると国家には、宇宙から下された“72年の周期”があるとされる。だからこの期間内に、次の72年に進めるだけの新しい改革がなされないと、その国は必ず崩壊する」(同書P29)

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ