「オリラジ中田の態度に呆れ」世界的人気のピコ太郎を嫌悪する中田の本心がヤバい

関連キーワード:

,

 彗星の如く現れた古坂大魔王扮するピコ太郎の快進撃が止まらない。世界134ヶ国に配信したデビュー曲「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」は、アメリカ・ビルボードのシングルチャート77位にランクインするなど、グローバルにヒット中だ。まさかまさかの事態に、所属事務所のエイベックスは大慌て。また、予想外かつ大きなライバル出現に、オリエンタルラジオの中田敦彦は本気で嫌悪感を見せているという。

 こう言っては悪いが、誰もヒットするなんで思っていなかったPPAPが、世界を股にかけてブレークしてしまった。9月末、9000万人近くのフォロワーがいるジャスティン・ビーバーがツイッターでピコ太郎のPPAPを「俺の大好きな動画」と紹介したことがキッカケとなり、一気に火が付いた。

 音楽関係者は「ピコ太郎のブレークで、誰よりも慌てふためいたのがエイベックス。ヒットした時の体制をまったく整えていなかったから。今はピコ太郎がすっかりお気に入りとなった松浦勝人社長が事細かく各部署に指令を出して、ブームをさらに広げようとしている。例年、この時期は紅白歌合戦にレコード大賞とレコード会社にとっては1年でもっとも忙しい時期だが、エイベックスとしては何よりもピコ太郎優先。エイベックスとしては久々に登場した自社がマネジメントする期待の歌手だから。もちろん紅白出場に向けても動いている」

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ