森田剛と熱愛、宮沢りえのリアルな激ヤセ・劣化ぶりを関係者が暴露「ほうれい線が…でも美人」

関連キーワード:

,

,

森田剛と熱愛、宮沢りえのリアルな激ヤセ・劣化ぶりを関係者が暴露「ほうれい線が…でも美人」の画像1画像は、『紙の月 DVD スタンダード・エディション』(ポニーキャニオン)より

 女優・宮沢りえが、27日発売の「週刊新潮」(新潮社)でV6・森田剛との熱愛をスクープされた。同誌によると、2人は22日夜に渋谷区・代官山でデートを楽しみ、その後宮沢の自宅マンションで一夜を明かしたとのこと。翌日、森田がV6の一員として出演したイベントの観客席には、宮沢と離婚した夫の間に生まれた7歳の娘の姿もあったと伝えている。そんな“母”でもある宮沢は、43歳になった今でも美しい容姿で支持を得ているが、業界の評判はどのようなものなのだろうか。

 宮沢と現場で顔を合わせたことがあるという芸能プロダクション関係者は、

「一時期“激ヤセ”が騒がれていた通り、実際この世のものとは思えないくらい痩せています。しかし、最近は細い体の中でも二の腕や脹ら脛はふっくらしていて、そのせいか凄まじい色気が加わりました。彼女は首が長いので、余計に細く見えてしまうのかもしれませんね」

 と、分析。その上で、

「顔は相変わらずキレイだし、やはりオランダ人の父親を持つハーフだからか、肌の白さも日本人離れしている。むしろ人間離れした透明感とも言えるほどで、男女問わず目を奪われるのは確実でしょう」

 と絶賛した。

 しかし一方で、あるテレビ局関係者からは次のような意見も。

「宮沢さんは本当に美しいけれど、“40代の女性”であることも事実。例えば、25日深夜に放送されたバラエティ番組『チマタの噺』(テレビ東京)にゲスト出演していましたが、くっきりとしたほうれい線や目尻のシワが目立ちまくっていた。ガッツリ照明を当てていることで陰影がついて、余計にシワを際立たせていましたね。ただ、40代女性なら当然のものなので、本来はメイクや照明のスタッフがカバーしてあげるべきところ。特に、宮沢さんはほっそりしているので、シワが目立つと老けて見えてしまいかねません。そうしたフォローがまったくできていなかったので、うちのスタッフだったら間違いなく叱り飛ばしていました」

 さすがの宮沢でも、スタッフの手腕によっては年齢を感じさせる姿が露わになってしまうようだが、それでも森田という年下の彼氏、しかもジャニーズのアイドルを夢中にさせられるのだから大したものである。

「ガリガリに痩せ細っているだけではなく、あの美貌に女性らしい“ふっくら感”も備わったんですから、森田がメロメロになるのも頷けます。また、宮沢は今年3月に前夫と離婚しましたが、娘を育てる母親としての柔らかい雰囲気も、彼女の魅力の一つになっているのかもしれませんね」(前出の芸能プロ関係者)

 その上、恋愛フェロモンまで放つようになっているとしたら、もはやどんな女性も太刀打ちできなさそうだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ