【超真相】日本経済を“丸ごと刈り取った”ユダヤの陰謀とは? バブル経済崩壊、その巧妙な手口を完全暴露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

,

,

■日本の富を「刈り取る」ために80年代に実施された仕込み

200px-Official_Portrait_of_President_Reagan_1981.jpgロナルド・レーガン「Wikipedia」より

 より広い見方をすれば、日本から富を収奪する計略は、1972年にロックフェラー邸で開かれた米日欧三極委員会(トライラテラル)創設会議からスタートしたと見ることもできる。なぜなら、この時点で意図的か否かはともかく、いったん欧米諸国の仲間として日本を引き入れたことが、のちの合法的な横領の成功へと繋がったからである。

 遅くとも、この三極委員会メンバーで埋め尽くされたカーター政権の末期、つまり80年代に入る頃には、国際銀行家たちによる「日本刈り取りプラン」はすでに完成していたようだ。発動は次の日米新政権である。81年、ロナルド・レーガンが大統領に、そして82年、日本側のカウンターパートとして中曽根康弘が総理大臣に就任する。中曽根氏は若手政治家時代からロックフェラーやキッシンジャーと旧知の間柄だった。

 また、レーガン政権にはあるキーマンがいた。それがメリル・リンチ元CEOのドナルド・リーガンである。レーガンが全幅の信頼を置いたウォール街の代弁者であり、財務長官に就任するや法人税引き下げなどの“レーガノミックス”を推進した。

 レーガン政権は発足早々、日本に対して「安保タダ乗り」や「貿易不均衡」などを盛んに言い立て、貿易制裁をチラつかせては、市場開放を強く要求した。こういった外圧で設置されたのが83年の「日米円ドル委員会」である。ところが、実態は両国の「協議」とはほど遠く、日本側が直ちに飲むべき要求項目がすでに出来上がっていたという。

 端的にいえば、それは日本の金融市場の開放を強く迫るものだった。協議は異例のスピードで決着し、様々な規制の緩和、外資に対する参入障壁の撤廃、円の国際化、先物・オフショア市場の創設などが約束された。これにより外資上陸の準備が整えられた。今にして思えば用意周到な罠だったわけだが、当時は金融や経済の「国際化」という美名に置き換えられた。そして、中曽根総理もまた経済政策の目玉として「規制緩和」と「民営化」を掲げ始めた。

 85年9月、先進五カ国蔵相・中央銀行総裁会議がニューヨークのプラザホテルで開催された。これにより円は200%もの円高へと向かう。日本のドル国富が目減りし、日本企業の輸出力が弱体化する一方、ロスチャイルドからカリブ海のタックスヘイブンの資金運用を任されたジョージ・ソロスは、猛烈な円買いドル売りで空前の儲けを手にした。以後、ソロスは「ロスチャイルドの鉄砲玉」として国家主導の金融システムを攻撃し続ける。一つの目的は、各国をグローバルな経済連携へと向かわせるためだ。

 86年には米証券会社が東京証券取引所の会員になり、以来、外資系証券が続々と日本の金融市場に上陸を開始した。

 87年、大蔵省がNTTの株式を市場に売りに出した。日本電信電話公社の民営化は、国鉄のそれと並び、中曽根内閣の民営化政策の目玉である。いわば「お上推奨」の株取引だった。たちまち「NTT株で何百万円儲かった」などの話が巷間に溢れ、普通のサラリーマンや主婦の間にも投機熱が高まった。

 88年、国際金融システムの安定化を名目に、国際取引をする銀行の自己資本比率を8%以上とする「バーゼル合意」(いわゆるBIS規制)が決められる。奇妙なことに、邦銀には自己資本に一定の「株の含み益」を組み込む会計が認められ、これが自己資本率の低い邦銀をして、ますます株上昇への依存に走らせた。しかも、やや先走るが、バブル崩壊後は、今度は「93年から規制適用」のルールが不良債権問題悪化や「貸し渋り・貸し剥がし」の要因となり、日本経済をさらにどん底へと追い込んでいった。

関連キーワード

コメント

4:匿名 2017年5月30日 15:02 | 返信

モルンガン・スタンレーじゃなくて、

モルガン・スタンレーなんじゃね?

3:匿名 2016年11月23日 10:42 | 返信

実を言うと、初期の頃のユダヤのように通貨を発行することで金融権を手に入れ稼ぐことが出来る
新たな市場が2014年ごろに出来た

ただ、一つだけ問題があり、それは信用が自身の発表する言動以外に無いという点
この信用さえ手に入れられれば、後は資金洗浄も所得を隠すことも可能だ
元々は通貨とは物々交換の信用を取引するような物

後は、国家の枠組みの中に入れてもらえれば最強になるが、脆弱な一面もあり難しい

私はこの信用をどうやって購入するか日々考えている

2:たつまき 2016年11月13日 06:05 | 返信

邪悪・腐敗文明の地球大掃除で12月初頭にポールシフト
さらに地球、レプの惑星、ドラコの惑星が12.7に消滅
2016.11.5
創造主らによる地球大掃除が推進されている。それは加速された。
創造主らからの知らせによれば、
地球の5倍大の惑星ニビルが急速に地球へ接近中だ。その破壊的影響が間もなく12月に現れる。
2016.12初頭に地球のポールシフトが突発する。米東部とCA州、英国諸島、日本列島、また中国東部と南部、露のモスクワ、ペテルブルグが殆ど同時に海中へ沈没する。
そのあと、地球と、地球の侵略・支配者:トカゲ座のレプティリアン・ヒューマノイド(4次元の全身鱗に覆われた爬虫類型ヒューマノイド) の惑星、龍座ドラコニアン(5次元の有翼二足歩行動物トビトカゲで英国首都ロンドン市の公式紋章) の惑星が2016.12.7に消滅する。
地球のような邪悪・腐敗文明の惑星は創造主らにより許されないからである。またレプティリアンの惑星、ドラコニアンの惑星のように、他の惑星の内部問題干渉禁止の宇宙管理原則への侵害惑星は創造主らによって許されないからである。
http://blog.livedoor.jp/tatsmaki

1:前田 進 2016年11月12日 04:33 | 返信

米ドル崩壊が本年11月中頃から起きて金融恐慌から米経済が崩壊する 新内戦がNY州から全米へ拡大 米新人民革命が勝利する 世界金融恐慌へ発展 地球新人民革命が勝利する 
2016.11.2
  米国の各種サイトは最近、米経済の崩壊が近いと頻繁に叫んでいる。
  創造主らからの知らせによれば、米国でドル崩壊が11.14~15頃から起きて、金融恐慌になり、米経済が崩壊する。
  米人口3億5410万人の29%=1億300万人が貧困者で(国家自殺防止局発表)、貧困水準以下の人は人口の16%=5,666万人だ。貧困者用のFood stamp受給者はオバマの08年大統領就任時の3,200万人から格差拡大・中間層崩壊で1,579万人増えて4,779万人に増大した。2,020万人が収入の半分以上を住宅費に支出していて、30歳以下の子供のいる青年の37%が貧困者だ(Newsland.ru2014.10.4発表)。米人口の25%=8,852万人が精神病患者だ(AMA:米医学協会2011.8発表)。米国の192都市が財政破綻で国連の管理下にある。これらは、野蛮で腐敗した資本制金権奴隷支配の総本山USAでのTyranny:暴虐支配体制の結果だ。米日同盟はこうした対日暴虐支配同盟だ。
  米国では、1億5,000万人の銃所有者が3億丁の銃を所有している(Before It's Newsサイト)。オバマによる銃規制は挫折した。
  こうした情勢下で、前述したように各種米サイトの予測通りに、また創造主らの知らせ通りに米ドル崩壊が2016.11中頃から起きて、金融恐慌になって、米経済が崩壊する。新内戦がNY州から始まって全米に広がる。その過程で連邦軍と各州の民兵の大部分が内戦と新革命の側に移って、アメリカ新人民革命が勝利する。
  それは世界金融恐慌に発展して、新地球人民革命が起きる。しかしそれを、旧ソ連や現中國等のように、国家資本主義だった所謂「社会主義」へ歪曲してはならない。創造主らの天命と惑星発展法則に従って、銀河惑星連合参加の約2万の先進文明惑星に続いて、万事無償奉仕の新地球社会を実現しなければならない。さもないと、創造主らによる地球大掃除と地球消滅が切迫している。 
http://blog.livedoor.jp/tatsmaki  

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。