• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
IncestVillage.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

【日本奇習紀行シリーズ】 近畿地方

 これまでも日本各地に伝わる“性の禁忌”についてしばしばご紹介してきたが、今回取り上げるのは、男女ともにただひたすらに「親子セックス」とでもいうべき行為を続けてきたという“近親相姦村”の話である。無論、その性質上、今回我々の取材に応じてくれたその村の出身者・佐藤直道さん(仮名・73)からは、記事として取り上げる内容について「ある程度ぼかすように」と再三釘を刺されているが、今の時点で明かせるのは、それが「近畿地方にある集落」であるという点と、彼が知る限り「昭和50年代半ばまでは続いていた」という点だ。

「本当に隠してくださいね、そうしないと、私がどうなるかわかったもんじゃありませんから。なにせ、実の親子が交わるんです。交わって子どもも生まれる。生まれた子どもも交わる。そういう村の話ですから」

 佐藤さんが育ったその“近親相姦村”では、兄弟姉妹との関係は厳に禁じられていながらも、それとは逆に母子父子間のセックスは強要されるという、なんとも奇妙な習慣が存在していたのだという。佐藤さんの場合は、生まれて間もなく、この地域に住む親戚一家の元へと引っ越してきたため「範囲」に含まれていなかったというが、その親戚宅の場合は、親子間でのセックスが常態化していたという。

「ええ、だからその家でも、一家の大黒柱は娘たちと毎晩かわるがわるですよ。息子にしたってそう。実の母親の乳房を二十歳を超えたって吸い続けているんですから……。もらい子の私は蚊帳の外でしたけども、なぜそうした行為を自然に彼らが受け入れていたのか、今でも不思議に思います」

コメント

3:匿名2018年9月10日 23:35 | 返信

お茶で有名な京T府宇J田W町のことでしょ。今でもやっているよ。父娘の場合は、10歳くらいからやってるし、妊娠しちゃって、普通でない産科で出産したら、親戚の誰かに引き取ってもらう。この町の旧家だったら、少女は10代のうちに出産経験ありだよ。

あと、秋の田原祭の夜にやる暗闇祭りは、種貰祭りとも言われて、家長の許しさえ得れば、家の妻や娘とやり放題できる。この時できた子どもは神からの授かったということでありがたがる。ゆえに、中出しが基本。つーか、限界集落手前で一人でも人口増必要なので、避妊はあり得ない。
今年は10月6日(土)の夜にやるから、今から楽しみだなあ~。

2:匿名2016年12月 8日 14:59 | 返信

こんなばかばかしい記事真実だと思う奇特な人はいないと思うけど…
話の出所が曖昧な話、ネットで出しちゃっていいの?
DeNAの一件もあるのに。

1:匿名2016年11月17日 01:04 | 返信

これで原稿料貰えるっていいね

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。