「倖田來未とEXILEは田舎で人気」レコ大報道で窮地のTBS、焦りと本音とヤバい現状とは?

関連キーワード:

,

,

 そんなTBSが転んでもただでは起きないとばかりに、すでに来年の年末枠を調整しているという仰天情報も。

「実はTBSは、SMAPの解散報道では、フジ、テレビ朝日、NHKに次ぐ4番手にジャニーズからは数えられていて、ほとんどいい思いができていない。唯一関係の深い中居正広をSMAP解散後に囲いたいのですが、TBSは特にジャニーズをクビになった飯島三智元SMAPマネージャーとの関係性が強かっただけに、交渉がなかなかうまくいっていないという。

 しかも、木村拓哉が久しぶりに主演を務めるTBSでのドラマでは、SMAPの解散騒動でなかなか配役ができず、早くも『コケる』と噂になっている。この騒動の中、キムタクのドラマで低視聴率となれば、もはや木村をブッキングすることは難しくなります。そこで、中居を何とかしてバラエティで抑えておきたい。その提案として、来年末に大型歌番組を中居の司会で提案しているんです。この番組を、レコ大の代わりに年末の風物詩にする計画まで立て、ジャニーズを説得しようとしている」(民放関係者談)

 もはや誰にも放送することを望まれていないレコード大賞、誰のための賞なのか?今一度しっかりと考えるべきなのだろう。

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。