ベッキーも紅白歌合戦に出演濃厚!? NHKのヤバすぎる“本気プラン”を関係者暴露

ベッキーも紅白歌合戦に出演濃厚!? NHKのヤバすぎる本気プランを関係者暴露の画像1画像は、『心の星 <初回限定デラックス盤>』(EMIミュージックジャパン)

 毎年出演者が注目される大晦日のNHK紅白歌合戦。今年は、SMAPの出演が期待される中で、出演者選びが難航しているという。

「目玉はSMAPですが、その他にも歌番組への出演がほとんど無い状況の安室奈美恵や宇多田ヒカル、中島みゆき、サザンオールスターズなどにも声をかけているようです。しかし、中島みゆきには早々に断られ、サザンも桑田が横浜で年末ライブを行うためNG。安室も特別な演出を用意するように要請しているようで難航しています。

 またSMAPに関しても同様で出場する可能性は低い。もはやジャニー喜多川社長の意見もメンバーは聞く状況にないといいます。生放送はもちろん無理で、収録の線で様々な提案をしているようですが、どれも却下されているようです」(民放関係者談)

 アイドルたちの出場も、様々な思惑が入り組んでいるとか。続けて民放関係者が話す。

「目玉は欅坂46だったのですが、ナチス騒動で出演が見送りになりそうだと聞いている。ももいろクローバーZも昨年度、喧嘩別れをするような形になり、今年も年越しコンサートを極秘で計画しているようで、中継だったら出てもいいというももクロサイドの要請にNHKが二の足を踏んでいるとか。AKB48と乃木坂46の出演は有力でしょうね」だという。

 まさに混迷極まる状況のようで、通常ならば11月下旬には発表される予定の記者会見も12月にずれ込む可能性まで出てきているという。そんな目玉不足の中で、NHKが考え出したのは、話題先行の人選だった。

「SMAPや安室同様にNHKがアプローチし続けているのが、ゲスの極み乙女です。12月から活動自粛をすると言っていますが、ベッキーの後に大騒動を起こしたほのかりんとは結婚を前提とした同棲をすでに始めているようで、LIVEでその発表をするつもりのようです。その上で、ファンへ向けて“活動自粛の撤回”も検討しているという噂が出てきています。

 というのも、レコード会社がアルバム発売で予算組をしている中で、発売延期が続くようなら契約の解除や違約金の請求も視野に入れなければならなくなるため、実は、活動自粛はかなりリスクが高い。その辺りの情報をレコード会社から仕入れているNHKは、ゲスの極み乙女に出演を打診しているようです。

 さらにここ数年、バナナマンを起用しスタジオ内で裏実況を行う企画を実施しているのですが、このゲストにベッキーをブッキングしようという案が出ている。ベッキーとしてもまずはCM広告の関与しないNHKから本格的な復帰を狙っているようで、紅白出場はほぼ決定しているという。過去に、工藤静香の元カレであるYOSHIKIと現在の夫である木村拓哉を紅白のステージ上でわざと集合の時に近づけさせ話題性を創りだしたこともあるNHKだけに、紅白だからという強気の姿勢でこの元お騒がせカップルのまさかの共演を狙っているようです」(スポーツ新聞記者談)

 国民の受信料で成立しているNHKだけに、国民が見たいベッキーとゲスの極み乙女の共演は、何が何でも実現させてもらいたいものだ。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

ベッキーも紅白歌合戦に出演濃厚!? NHKのヤバすぎる“本気プラン”を関係者暴露のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル