関根麻里、二重あごの激太りで“タブー”が発動中「本当に肉感がすごい」「タレントなのに…」

関連キーワード:

関根麻里、二重あごの激太りでタブーが発動中「本当に肉感がすごい」「タレントなのに…」の画像1画像は、『ありがとう(初回限定盤) Single, Limited Edition, Maxi』/ユニバーサル インターナショナルより

 昨年11月に第1子女児を出産し、今年仕事復帰を果たしたタレント・関根麻里。10月25日には出産後初めて公の場に姿を現し、その後もイベント出演などで徐々に活動を再開しているが、記者達の間では「やりにくい」と言われてしまっているという。

 麻里は2014年に韓国人歌手・Kと結婚。それまでは健康的な笑顔やスタイルが幅広い年齢層から好かれ、情報番組やバラエティ番組に多く出演していたが、結婚や妊娠を機に活動を休止していた。

「産休を経て、10月のイベントに登場した麻里について、ネットでも“産後太り”が話題になっていましたよね。笑顔は以前のままでしたが、あれほど激変した体型はなかなか無視できない。あの後、今月9日のイベントにも麻里が来ていたのですが、やはりあの体型のまま……。もちろん、出産や育児で体重が増減する女性は大勢いますけど、麻里はあくまでも芸能人。復帰するまでに、せめてもう少し調整しておくことはできなかったのだろうかと思ってしまうくらい、本当に肉感がすごかったです。この日、座って下からあおるように撮影していたスチールカメラマンも、あまりにも麻里の二重あごが目立つので、『さすがに使いづらい』と困っていました」(マスコミ関係者)

 さらに、同イベントでは麻里の囲み取材もあったというが、「通常、出産から復帰した女性タレントに投げ掛けられる質問が、麻里に対してはまったく出なかった」(同)とのこと。

「いつもなら、産後の女性タレントには『どれくらい体重が増えて、その後どれだけ落ちたのか』といった質問があるもの。モデルや女優なんかは特に、産後でも体型を維持できていることが話題になりますよね。しかし、麻里が見るからにふっくらしすぎていることに気を遣ったのか、記者達は誰も体重の話題には触れず、父・関根勤の話や、イベントに関係のある質問に終始していました」(同)

 また、別の芸能記者は、

「相変わらず、我々マスコミに対する目線の振り方など、細かい気遣いができる女性のままでした。母親になったわけですし、柔らかい雰囲気はむしろ増しているかもしれません」

 と評価しつつ、

「女性タレントとしては、あの体型でどこの立ち位置を目指しているのか……」

 と、やはり苦笑い。決して批判されるような態度をとったり、キャラクターが変わったりしたわけではないだけに、体型が邪魔をしている状況はもったいない気がする。

人気連載
奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

【日本奇習紀行シリーズ 北日本】  毎年この時期になる...

人気連載
2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

■2020年2月24日~3月1日「今週の運命を劇的に変え...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。