火星で熱弁を振るうトランプ像が激写される! 専門家「トランプが火星人だった可能性も」

「火星の表面上にトランプの顔を見つけた!」

 自身のブログ「UFO Sightings Daily」で興奮気味に衝撃的発見を報告したのは、火星探査機から送られてくる画像にエイリアンの痕跡を見つけようと常日頃並々ならぬ情熱を傾けている“エイリアン・チェイサー”、スコット・ウェアリング氏。彼のいうトランプとは、あのドナルド・トランプ氏のことだ。ヒラリー・クリントン氏との激闘を制し、次期大統領の座を射止めたドナルド・トランプ氏は、今地球上でもっとも“ノッている”男と言っても差し支えないだろう。その勢いはとどまることを知らず、すでに火星にも達しているということか!? とにかく、まずは問題の画像を見てみよう。

火星で熱弁を振るうトランプ像が激写される! 専門家「トランプが火星人だった可能性も」の画像1画像は「UFO Sightings Daily」より引用
火星で熱弁を振るうトランプ像が激写される! 専門家「トランプが火星人だった可能性も」の画像2画像は「UFO Sightings Daily」より引用

 いかがだろうか。一見どこにでもあるただの岩にしか見えないが、拡大してみると、確かに男性の横顔のように見える。さらに、トランプ氏の横顔と並べてみると、特徴的なヘアースタイルや目、鼻、さらに口まで忠実に再現してあるようだ。ウェアリング氏が作成した、トランプ氏の横顔と問題の物体を重ね合わせた画像を見ると、顔のパーツの位置関係がピタリと一致しているではないか。ここ最近、何度となくテレビで放映された、顔を歪め、口を尖らせて強気で自説を主張する、トランプ氏のあの表情のように見えなくもないが、人為的な手が加えられていない普通の岩が、光や影の関係でたまたまトランプ氏の横顔に似ていたという可能性ももちろん捨てきれない。

火星で熱弁を振るうトランプ像が激写される! 専門家「トランプが火星人だった可能性も」の画像3画像は「UFO Sightings Daily」より引用
プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ