奇習! 指の合図で肉体を貪りあう ― 中部地方に実在した覆面姿の全裸男女が集う十五夜

奇習! 指の合図で肉体を貪りあう ― 中部地方に実在した覆面姿の全裸男女が集う十五夜の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より


【日本奇習紀行シリーズ】 中部地方  

 最近では婚活パーティなどもすっかり定着し、生涯の伴侶を求める妙齢の男女たちで大いなる賑わいを見せているが、かつて中部地方のとある地域においては、なんとも奇妙な“お見合い”の習慣が広く親しまれていたという。


「なにせお互いに顔も見えないわけでね、そこから“アタリ”を引くのは至難の業ですよ(苦笑)」


 かつて自身も参加したというその奇妙な“お見合い”の習慣についてそう語るのは、現在、愛知県内で暮らす元自営業・横山良蔵さん(仮名・78)。横山さんによると、かつて愛知県北部から岐阜県南部にかけての一部地域には、1年に1度、結婚相手を見つけるために近隣の村々から若い男女が集う奇妙な祭事が行われていたのだという。


「毎年ね、九月の十五夜の日になると、あちらこちらから若い男女が集まってくるわけです。場所は毎年変わるんですけどもね。それで、一箇所に集まった男と女は、会場というか、そういう場所に入るときに、世話役から頭巾をかぶせられましてね。頭巾と言ってもね、口と鼻のところにしか穴が開いてないから、まったく前が見えないようなやつでして…とにかくそれをかぶせられてると。そこから始まるんです」
 

 村の寄合所や村はずれの寺など、その年によって開催地は変わるものの、“お見合い会場”に集められ、頭巾によって顔の大半を隠された男女は、案内役となっている古老の掛け声と共に、まず一斉に衣服を脱ぎ捨て、一糸まとわぬ姿になるのだという。そして、太鼓の音が聞こえると、それを合図に手探りだけで周囲の異性をみつけ、その肉体をお互いにまさぐり合い、フィーリングが合えば、その場で性行為に入るという。ただし、その際に声は一切発してはならず、あくまで“手探り”だけで相手を見極めるのだそうだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ