赤坂駅上空のストリートビューに謎の飛行物体出現! 宇宙人か、UFOか、ヒューマノイドか、科学者がトカナに緊急コメント

 ある日、読者から衝撃の一報が届けられた。東京のど真ん中、赤坂駅周辺の街並みを捉えたグーグルストリートビューの画像に、奇妙な飛行物体が写り込んでいるため、調査してほしいというのだ。読者自身も、独自の分析を行っているが、いまだ明確な答えを出せずにいるという。そこで早速、指定されたアドレスを開いてみると……!

――!! 東京メトロ赤坂駅、2番出口の直上、雑居ビルが立ち並ぶ合間で、奇妙な黒い飛行物体が宙を漂っているではないか! キノコのように大きな頭に、短い胴体、そして先端が裂けた触手が2本確認できるようだ。これが写っているのはストリートビュー内の1カットだけで、ほぼ同時刻に撮影されたと思しき前後の画像には写っていない。撮影場所のすぐ近くには赤坂サカスや赤坂Bizタワーなどがあり、多くの人々で賑わう繁華街の一角だ。撮影日は、2016年7月と明示されている。

赤坂駅上空のストリートビューに謎の飛行物体出現! 宇宙人か、UFOか、ヒューマノイドか、科学者がトカナに緊急コメントの画像1拡大画像 「Google Maps」より引用

 その形状から、かつて火星に存在するといわれていたタコ型宇宙人、あるいはポケモンGOに出てくるメノクラゲを思い出した人もいるだろう。また、大空を歩き回る謎の人型生物「フライング・ヒューマノイド」の仲間とも考えられる。さらに、世界中で目撃されている奇妙な形をしたUFOや、偵察用ドローンとの関連も疑われる事態だ。

 この奇怪な影の正体とは、一体何なのだろうか。早速、問題の画像を生物学に詳しい理学博士X氏に見てもらった。するとX氏は、画像を一目見るなり思いがけない推測を口にした。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ