中居正広はやっぱり吉本入り!? 中居独立説の信憑性は?

関連キーワード:

,

,

中居正広はやっぱり吉本入り!? 中居独立説の信憑性は?の画像1※画像:中居正広

 SMAPを解散したあともジャニーズ事務所に残ると目されていた各メンバーだが、解散日が近付くにつれて、芸能界引退や移籍をささやかれるメンバーもいる。最も気になるのはリーダー中居正広の移籍の噂だ。

 報道によれば、SMAP時代の楽曲の権利を放棄してまで、独立を模索しているともいわれる。さらに別の報道では移籍先として吉本興業の名前も挙がっている。これらの報道を受けて業界関係者に中居正広の今後を聞いた。

「本気で独立を目指すならば権利放棄はあり得る話です。これまでに比べれば減るものの、カラオケ印税やCD印税などのお金が事務所には入るので、それを手切れ金として受け取ることでジャニーズ事務所が中居さんの独立を認める可能性はあります」(芸能プロダクション幹部)

 自身の権利を渡せば独立が認められる可能性はあるということだが、その移籍先として名が挙がっている吉本興業はどうなのか。

「基本的に芸能人が独立する場合、受け入れ先の事務所は欠かせません。また個人事務所を立ち上げるにしても、ケツ持ちをしてくれる事務所が不可欠です。そういう存在を見つけて初めて現在の事務所に独立の意思を伝えることができます。後ろ盾がない中で独立を示唆しても潰されて終わるだけなので、まずはそれらの確保が先決なんです。中居さんのこうした報道が出たということは受け入れ先が情報をリークした可能性もあり、吉本入りに向けて事態は動いていると見てもいいんじゃないでしょうか」(同)

 可能性はあるというが、ジャニーズ事務所から吉本興業とは少し意外な気もするのだが。

「そもそもジャニーズほどの事務所を辞めるとなれば、同程度もしくはそれ以上に大きな力を持つ事務所でないと移籍は厳しいです。現状でいえばバーニング、ナベプロ、吉本などが当てはまりますが、ナベプロはジャニーズと関係が深いのでNGです。そのため、バーニングもしくは吉本なら可能性があります。中でも吉本は芸人さんの事務所ということで干されにくい環境でもあるのです」(同)

 干されにくい環境とは、どういうことか。

「吉本興業には番組司会ができるタレントが山ほどいます。そのため、吉本芸人関連の番組に出ているだけでも食べていくための仕事が確保できるんです。これが普通の事務所なら、圧力をかけられた結果、番組に出られなくなり仕事も失いますが、メインMCを務める芸人が山ほどいる吉本なら自社内の仕事だけでも食べていけるので仮に圧力をかけられても干されないんです。中居さんは解散前にダウンタウン松本人志や笑福亭鶴瓶などに相談を持ちかけたといわれていますし、芸人事務所に所属してタレント活動をおこなう可能性は高いですよ」(同)

 このような見解を述べてくれたが、別の人間によれば吉本興行は中居にとってほかの点でも魅力的な会社だという。

「さんまさんやダウンタウンさんなど吉本タレントの多くは個人事務所を持っています。吉本に払われたギャラは、仕事の代金として取り決められた金額がそのあと個人事務所に払われるという流れです。つまり個人へのギャラではなく会社の収入になるのです。もちろん、税金対策のためでもあるんですが、会社対会社の話ができるので、面倒な仕事を断ることができるなどのメリットもあります。さらに、吉本はお金さえ落としていれば犯罪以外は何でも許す会社といわれてますので、中居さんが好きな仕事だけをして生活できるメリットもあります。これまで自由のなかった中居さんが、魅力を感じてもおかしくありません」(放送作家)

 たしかに、言いなりにならなければならない現在の事務所よりは、このようなスタンスで仕事ができるほうが本人にとっては魅力的だろう。果たして吉本興業所属の中居正広は誕生するのであろうか。
(文=吉沢ひかる)

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

中居正広はやっぱり吉本入り!? 中居独立説の信憑性は?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで