SMAPが“踏み絵”を迫られている…!? ここへきて紅白出演の可能性高まる「“芸能界のドン”が…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

SMAPが踏み絵を迫られている…!? ここへきて紅白出演の可能性高まる「芸能界のドンが…」の画像1※画像:SMAP

 年内解散が決まっているSMAPが“踏み絵”を迫られている。大晦日のNHK紅白歌合戦への出場を巡ってだ。退任が決まったNHKの籾井勝人会長は「花道に…」と、是が非でもSMAPを紅白に出場させたい考え。しかし、ジャニーズ事務所からは明確な返答はなく、実現は困難と見られているが…。

「この感じは逆に不気味。NHKのサプライズ枠は土壇場まで『無理』という情報を意図的に流しますからね。私の取材した感触ではSMAP出演の可能性はゼロではない」とはスポーツ紙記者。

 SMAPのためにNHKは和田アキ子らベテラン歌手を切り、15分間の歌唱時間をすでに確保している点も不気味に映る。

 さらに7日にはタモリとマツコ・デラックスがスペシャルゲストとして紅白に出演することが発表された。2人はSMAPメンバーと親交が深いことで知られる。

「特にタモリは『大晦日は働かない』主義で有名だった。それを引きずりだしたのは、SMAPのためと言ってもいい。ここまでの布陣を敷かれては、メンバーも無視はできないだろう」(音楽関係者)。

 裏事情もある。タモリの所属事務所「田辺エージェンシー」の田邊昭知社長は“芸能界のドン”。一連のSMAP独立騒動では、中居正広が真っ先に相談した人物だ。

「当時、田邊氏は中居らに『早まるな』と諭したと言われているが、実は違う。田邊氏や別の大手プロ社長が後ろ盾になって独立の話が進んでいたんだ。しかし、“芸能界の女帝”であるジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長が思いのほか怒り心頭だったため、途中ではしごを外すしかなかった。田邊氏と中居ら独立画策組のパイプはいまも健在で、解散後に両者が再合流するという見立てもある」(同)。

 タモリの紅白出場を説得したのは田邊氏以外に考えられず、これはある意味、田邊氏勝負のキャスティングと言っていい。芸能プロ関係者のなかには、

「今年の紅白は田邊氏が仕切っている。あのタモリを出したのにSMAPが出ないとなれば、田邊氏の顔が潰れる。中居らは踏み絵を迫られているようなもの。解散後のことを考えると、出るしかないのでは?」と言う者もいる。

 SMAPのラストステージが実現すれば、視聴率は空前絶後の数字を叩き出すだろう。メンバーの返答はいかに――。

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。