NHKが受信料を安くできるのにしない本当の理由とは?

関連キーワード:

,

NHKが受信料を安くできるのにしない本当の理由とは?の画像1画像:『NHK問題』(筑摩書房)

 NHKの受信料。特に文句も言わず支払っている人がいる一方、支払いを拒否する人も多い。中にはワンセグ付きの携帯電話を持っているばかりに契約義務があるとされたため、裁判にまで至った人もいる。将来的にはテレビ放送と同時に、インターネットでも配信がされるようで、そうなればインターネット接続環境があれば受信料の契約義務が生じることとなり、これに対しても怒りの声が続出している。

 NHKの存在そのものに納得できない人もいれば、番組内容に納得できない人もいるなど、受信料を払いたくない人の意見はさまざまだが、そのひとつに、受信料を徴収するために高額な経費をかけていることに納得いかないという声もある。今回は、この点に関して関係者に話を聞いた。

「NHK の受信料収入はおよそ6,700億円あるんですが、このうち約750億円が受信料を徴収するためのコストなんです。つまり、6,700 億を得るために750億ものお金をかけている。この点が納得いかないとして、支払いを拒否する人も多くなっています」(テレビ業界関係者)

 どんな商売であっても売上を得るためには、それなりの経費をかけている。だが、NHK の場合には、売上額の1割以上のコストをかけて徴収していることになる。この比率は異常といえるかもしれない。どうして、このような状況が放置されているのか。

「あまり知られていませんが、この経費は受信料に関する法律を少し変えればほとんどゼロになるんです。現在は受信設備を設置した場合にNHKと契約を結ぶ義務が生じますが、支払いの義務までは明文化されていません。つまり、受信料の支払い自体は義務化されていないのです。しかし、これを義務化すれば経費750億円の9 割方は不要になるといわれています」(同)

 経費が9割カットとは驚きだが、どうしてそんなことが可能なのか。

「現在、受信料徴収のためにかかっている経費のほとんどは人件費です。自宅を訪問して支払いを促すスタッフがいますが、彼らの殆どは受信料徴収請負会社のスタッフで地域によってはで雇用された職員も存在するようです。とにかくその人件費が莫大なんです。しかし、税金のように義務化し、不払いに罰則規定を設ければ、ほとんどの人は黙って払いますよね。そうなればこの無駄な人件費も削減できるのです。結果として受信料も今より安くできるはずです。ただ、NHK は絶対にこのような方法を取ろうとはしません」(同)

 受信料を安くできる方法があるのに、それをしないのはなぜなのか。

「表向きは公共放送の独立性などと最もらしいことをいっていますが、実際はこの徴収員に関連する既得権益を失いたくないからです。全国にいる徴収員の数は1万人以上ともいわれいます。親子二代でこの仕事をしている人もいますし、そういう人たちからすればその食い扶持を失いたくないんですよ。こうした現場の声もあり、今後もあえてお金がかかるアナログな手法を採用し続けたいわけです」(同)

 たしかに雇用があるのは世の中にとって素晴らしいことだが、それによって受信料が高くなっているのはいかがなものか。繰り返しになるが、この750億円というお金は、あくまでも受信料を徴収するためだけにかかっている経費だ。批判の声が多い今の時代だからこそ、こうした無駄は削減してほしいものだ。
(文=吉沢ひかる)

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

NHKが受信料を安くできるのにしない本当の理由とは?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで