【日本怪事件】「死にたくない…」命乞いする女性の頭部をハンマーで…! 異様すぎる「闇サイト殺人事件」全貌と暗証番号の謎

関連キーワード:

,

――日本で実際に起きたショッキングな事件、オカルト事件、B級事件、未解決事件など、前代未聞の【怪事件】をノンフィクションライターが紹介する…!

【日本怪事件】「死にたくない…」命乞いする女性の頭部をハンマーで…! 異様すぎる「闇サイト殺人事件」全貌と暗証番号の謎の画像1

 許すことのできない女性の拉致事件。その中でもあまりの犯行の異様さに、今でも忘れることができないのが、平成19年に起きた「闇サイト殺人事件」だ。

 主犯格の神田司は、その前年には闇サイトを利用して通帳詐欺を行い、執行猶予つきの有罪判決を受けていた。川岸健治は、平成17年に「オレオレ詐欺」で有罪判決を受けた。掘慶末には犯罪歴はなかったが、ダーツにのめり込んで400万円以上の借金を抱えていた。


■事件あらまし

「愛知県の人で何か組みませんか」

 闇サイトの1つである「闇の職業安定所」に誘いの文句を書き込んだのは、川岸で、それに2人が応じた。平成19年8月21日、3人が顔を合わせると、犯罪歴や不良ぶりを誇示しあい、強盗の計画が練られていった。

 3日後の8月24日、3人は帰宅途中であった磯谷利恵さん(31歳)を、名古屋市千種区内の路上で襲い車に連れ込んだ。愛知県愛西市内の駐車場に停車した車の中で、男たちは磯谷さんから現金6万円ほどと白いハンドバッグを奪う。

 さらに刃渡り18.6センチの包丁をちらつかせながら、キャッシュカードのパスワードを言わせようとした。

「カードを作ったのは昔だから、忘れてしまった」

 磯谷さんは容易に口を割らなかった。手錠をかけられていた彼女を、神田と掘が目を離した隙に、川岸はレイプしようとさえした。

「2960」

恐怖に抗えなくなったのか、磯谷さんは番号を口にした。

顔を見られたことを理由に、男たちは磯谷さんに襲いかかった。

「殺さないって言ったじゃない」「話を聴いて! 死にたくないっ」

 懇願する磯谷さんの首にロープを巻き付けて引っ張るが、なかなか絶命しないのを見て、ハンマーが振りおろされた。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ