人気はあるけど、演技が超絶ヘタ! プロが指摘する「大根俳優3人」とは?

関連キーワード:

,

,

 ドラマや映画で活躍する数多くの俳優たち。その中には仕事のオファーが多くありながらも“大根役者”と世間一般で酷評される人もいる。公衆に放送される前にスタッフの努力によって、極力改善され大根っぷりは露呈されづらくはなっているものの、それでも演技力に疑問符がつけられている俳優は多いようだ。そんな中、現場で生の演技を見ている関係者に、リアルなガチで大根役者は誰なのかを聞いた。

「自分の中では圧倒的に反町隆史さんですね。現在は『相棒』(テレビ朝日系)に出演していますが、あそこでもひどいでしょ。僕がご一緒したのは別なドラマですが、『相棒』以上の大根っぷりでした。そもそもはモデルさんで、ドラマ『GTO』(フジテレビ系)が当たり役になったものの、それ以降はパッとしません。『相棒』の出演も何らかの力が働いて勝ち取ったといわれています。いつまであのコンビで続くかはわかりませんが……」(ドラマ関係者)

 現在、『相棒』で毎週その演技を見ることができるが、たしかに素人目にもキツイと思えるシーンは多い。編集などでフォローしてもあのクオリティということは、現場では相当ひどいのであろう。

 さらに、もうひとりは大根役者の代名詞ともいわれるあの人だ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ