奇習! 東北に実在した“合同初体験” ― 少年少女がお互いのセックスを見せ合う奇妙な風習

奇習! 東北に実在した合同初体験 ― 少年少女がお互いのセックスを見せ合う奇妙な風習の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より

【日本奇習紀行シリーズ】 東北    

 いつの時代も、また、世界各国どこの国の人々も、その人における“初体験”というのは、良くも悪くもいつまでも鮮烈な記憶をその心に刻み続けるものかもしれないが、こと日本においては、そうした“初体験”を、あろうことか合同で行うという、誠にもって奇妙奇天烈な習慣が存在していたという。


「まあ、平たく言えば、お互いに初めてのことを見せ合うということです。それだけの話。別に物珍しいものでもないでしょう?(苦笑)」


 かつて自身も体験したというその極めて奇妙な初体験に関する習慣についてそう語りはじめたのは、生まれ育った東北のある寒村で、今なお暮らし続けているという農業・野宮吉之助さん(仮名・81)。野宮さんの話によると、かつてこの地域では、成長して思春期を迎えた少年少女が、別の少年少女と共に、“合同”で初体験を行う風習が存在していたという。


「たしかにね、そういうことをしてこなかったよその人からすればね、おかしなことをしているように思うかもわかりませんけどね、そういう決まりごとになっていたんだからしょうがないんです。そうでなければ、いつまで経っても、好いた女と抱き合うことなんてできやしないんですから。だから私もそうでしたけれども、みんな割と早い時期に、そうした体験をしたものですよ」
 

 そもそもの話として、かなり保守的な文化が根付くという当地にあって、古くからそうした婚前交渉が公然のものとして受け入れていたこと自体、驚くべきことであると言えるが、それが年端のいかぬ少年少女によるもので、ましてや、“合同で”ともなると、にわかに信じがたいものがあるのも事実だ。


「私の場合は14の頃だったと思いますけどね、色気づいて交際するようになると、やっぱりそういうことをしたくなるじゃないですか。そうするとね、それを名主さんに申し出るんです。それでしばらく経つと、同じような男女が出てきて、要はその人らとね、お互いの行為を見せ合うということです。二回目以降はね、見せなくていいんですけども、人生で最初の一回目は、必ずそうする決まりになっていましたよ」


 これらの初体験は、恋愛関係になった少年少女が、村の名主を代々つとめる家柄の当主に申し出ることで行われ、逆にそうした申告を行わずに性行為をしてしまった場合には、発覚後、当人たちはおろか、その家族も村八分にされるという厳しい掟が存在していたのだという。しかし、この習慣があることで、後々その交際関係が破綻し、別の異性と結婚した場合、その組み合わせ如何では、かつてその初体験をお互いに見た者同士が夫婦となるケースも、当然のごとく生まれてしまうのだという。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ