大気中に潜む「見えない生命体」の存在が観測される! 元ハーバード物理学者「人類を監視している可能性」

大気中に潜む「見えない生命体」の存在が観測される! 元ハーバード物理学者「人類を監視している可能性」の画像1画像は「YouTube」より引用

 物理学者が大気中に「不可視の生命体」を発見したという驚きのニュースが舞い込んできた! 常識を覆す大発見に各界が沸き立っている。


■サンティリ式望遠鏡で観測された「不可視の生命体」

 問題の不可視体を発見したのは、エネルギー会社「Thunder Energies Corpotation」に勤めるイタリア系アメリカ人、ルゲロ・サンティリ氏。英紙「Express」(1月29日付)によると、一時は米ハーバード大学に所属していたこともある原子物理学のエキスパートであるそうだが、科学界のメインストリームからは“非主流派”として非難されてきたという。しかしサンティリ氏は、自身の方法を“新科学”として打ちたて科学の常識を打ち壊そうと奮闘しているそうだ。

 今回の発見に一役買ったのは、反物質(antimatter)を検知するために自ら開発した「サンティリ式望遠鏡」。通常のガリレオ式望遠鏡は凸レンズを用いるが、サンティリ望遠鏡は凹レンズを使用しているそうだ。構造の詳細については、特許申請中のため公開されていない。

大気中に潜む「見えない生命体」の存在が観測される! 元ハーバード物理学者「人類を監視している可能性」の画像2ガリレオ式望遠鏡(上)、サンティリ式望遠鏡(下)「Thunder Energies Corporation」より引用
大気中に潜む「見えない生命体」の存在が観測される! 元ハーバード物理学者「人類を監視している可能性」の画像3サンティリ式望遠鏡「Thunder Energies Corporation」より引用

「サンティリ望遠鏡」がとらえた不可視の生命は2種類。1つは、「第一種地球由来不可視体(Invisible Terrestrial Entities of the first kind)」(通称:ダークITE)と呼ばれるもので、明るい背景に暗い色で浮かびあがるという。2つ目は、「第二種地球由来不可視体(Invisible Terrestrial Entities of the first kind)」(通称:ブライトITE)と呼ばれ、暗い背景に明るく浮かび上がるそうだ。

大気中に潜む「見えない生命体」の存在が観測される! 元ハーバード物理学者「人類を監視している可能性」の画像4第一種地球由来不可視体(右)、第二種地球由来不可視体(左)「Thunder Energies Corporation」より引用

 これら2種の不可視体についてはほとんど何も分かっていない状態であるが、科学ジャーナル「American Journal of Modern Physics」に掲載されたサンティリ氏の論文によると、目的の1つは“監視”であるかもしれないという。

 問題は不可視体が観測された場所である。第一種地球由来不可視体は地球や月の軌道上で観測されたが、不思議なことに第二種地球由来不可視体は、主に官民の機密施設で観測されたため、何らかの理由で彼らが機密情報を盗み見ている可能性が高いというわけだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ