「首都直下地震、震源地は八王子」FBI超能力捜査官が予言する2017年の日本! スカイツリーは折れる!?

 リモートビューイング(遠隔透視)で知られ、「FBI超能力捜査官」の異名をとる米国人サイキック、ジョー・マクモニーグル氏。彼の著書『未来を透視する』(ソフトバンク)は2006年に邦訳が出版され、すでに10年の月日が流れているものの、なんとそこで語られている予言は21世紀の後半まで。まさに「予言の宝庫」というべき本である。特に「日本とアジアの未来」と題した第二章は、日本版のために書き下ろされたもので、この国の未来について言及した項目が、災害も含めて多数含まれている。その中から、2017年前後に起こるものを紹介したい。


■マクモニーグル氏の予言と“誤差”について

「首都直下地震、震源地は八王子」FBI超能力捜査官が予言する2017年の日本! スカイツリーは折れる!?の画像1未来を透視する』(ソフトバンク クリエイティブ)

 さて、マクモニーグル氏はバージニア州の自宅に居ながらにして、遠くの場所で起きていることを透視したり、未来の出来事を予知することができるとされる。本書はもともと、過去10年以上にわたる透視の成果とセミナーや講演会で発言した記録をまとめた本として、1998年に米国で刊行された。この原書の内容を再構成して、前述のように日本の読者のために新たに第二章を加えて完成したのが『未来を透視する』だ。

 あらかじめ私見を述べておくが、筆者が40年以上にわたって超常現象を研究してきた結果としていえることは、「20○○年に○○○○が起きる」のように“年を指定した予言”は、的中させるのが極めて難しい。そのため、起きるとされた出来事が指定された年から数年ずれて起きた場合でも、“誤差”として予言的中とみなすべきこともある。マクモニーグル氏が本書で語る予言も、(後述のように年単位で地震や津波が起きると断言しているものもあるが)同様に誤差を考慮するべきだろう。実際、マクモニーグル氏自身も、年代は5年程度のズレを考えておいた方がよいと語っている。


■マクモニーグル氏の予言、過去の的中例

 まずは、これまで的中したと思われるマクモニーグル氏の予言をいくつか紹介したい。誤差を考慮して、2022年くらいまでの予言を紹介することもある。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ