手のひらサイズの蜘蛛が全長38センチのヘビを食べる!

関連キーワード:

手のひらサイズのタランチュラが全長38センチほどのヘビを食べる姿が目撃された。ブラジルの研究者たちは、南米に生息するグラモストラ種が岩の下で死んでいると思われるヘビを食べる姿を見て仰天したという。

地元大学の生物学を学んだ卒業生の1人は「こんなに大きなヘビをこんな大きさの蜘蛛が捕食するというのはかなりの驚きです」と話す。

蜘蛛は通常、自身と同じくらい、または小さい生物を獲物とすることから、野生のヘビを食べているタランチュラが目撃されたのは今回が初めてだという。

関連記事

    人気連載
    「あなたの隠れた本性」が丸裸に! 的中占い師Love Me Doの“心をエグる4択占い”が当たる!

    「あなたの隠れた本性」が丸裸に! 的中占い師Love Me Doの“心をエグる4択占い”が当たる!

    ■あなたの本性 「あなたが知らない場所で、道に迷ったとし...

    人気連載
    奇習! 子宝に恵まれるまでは「仮の夫婦」、誰と不倫セックスしてもOK! 北日本に実在した特殊な婚姻関係

    奇習! 子宝に恵まれるまでは「仮の夫婦」、誰と不倫セックスしてもOK! 北日本に実在した特殊な婚姻関係

    【日本奇習紀行シリーズ 北日本】  いつの時代も、日頃...

    関連キーワード

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。