「進撃の巨人」編集者DV殺人疑惑に新展開! 「パパは怖い」自宅にいた子供が事件目撃の可能性も?

関連キーワード:

,

「進撃の巨人」編集者DV殺人疑惑に新展開! 「パパは怖い」自宅にいた子供が事件目撃の可能性も?の画像1画像は、Thinkstockより

 大手出版社の「講談社」で前代未聞の事件が起きた。「週刊少年マガジン」の副編集長などを歴任した同社編集次長の朴鐘顕容疑者(41)が10日、妻殺害の容疑で警視庁に逮捕されたのだ。事件が起きたのは昨年8月9日の未明。文京区千駄木の自宅で、妻の佳菜子さん(38)が玄関先の階段の下で倒れているのを朴容疑者が発見し、119番通報した。駆けつけた警察官に同容疑者は「妻は階段から転落した」と説明。しかし司法解剖の結果、死因は窒息死で、首には絞められたような痕があることがわかった。すると、朴容疑者は「妻は私のジャケットで首を吊って自殺した」と供述を一変。任意の聴取では「妻は育児によるストレスでうつ病になり通院していた」と話していたという。

 だが、朴容疑者の言うジャケットから妻の皮膚片などは確認されず。寝室には佳菜子さんの血痕と尿成分が検出された。社会部記者によると「供述が二転三転しており、信用に足らない。当局は寝室で妻を絞殺後、自殺に見せかけるために遺体を階段から突き落としたとみている」と話す。

 朴容疑者は大ヒット漫画「進撃の巨人」の創刊スタッフの1人で、社内では「敏腕」「次期編集長」の呼び声も高かった。「頭の回転が早く、部下からの人望もあった。編集長どころか、将来の役員も狙える位置にいた」とは内部関係者。

 私生活では妻との間にもうけた4人の子供を溺愛し、講談社の男性社員として初の育児休暇を取得した。別の講談社社員は「イクメンというイメージしかない。年末年始は奥さんの実家に子供を連れて帰省していた。理想の家庭だとばかり思っていた」と話す。

 しかし、それも“虚像”だった。子供の面倒は妻に押し付け、日常的に家庭内暴力(DV)を働いていたという情報もある。

「奥さんは3年ほど前から家庭支援センターに『髪をわしづかみにされた』『全身にアザができるほど激しい暴力を受けた』などと相談していた。ただし、当時の奥さんは育児ノイローゼ気味で、DV相談が“狂言”の可能性もある。彼女の遺体に目立ったアザは見つからなかった」(社会部記者)

 ますます真相はわからないが、今後のキーマンは4人の子供たちだ。事件当日、子供は自宅におり、一部始終を目撃していたという。「1番上の子は8歳で、すでに警察の事情聴取に応じている。そのなかで『パパは怖い』という主旨の話もしているようだ。事件の決定打になる可能性もある」(同)。

 子供を事件に巻き込むことは、父親として愚の骨頂。容疑者本人が偽りなく話すことが、せめてもの罪滅ぼしでもある。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ