東京に住む筆者が、家族で「内部被ばく検査」を受けたら…!? 今こそ知ってほしい放射能汚染の真実

東京に住む筆者が、家族で「内部被ばく検査」を受けたら…!? 今こそ知ってほしい放射能汚染の真実の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より

 東日本大震災の福島第一原子力発電所事故による放射線被ばくが問題となっているが、政府やマスコミが国民に実態を伝えないため、「内部被ばく」や「低線量被ばく」の恐怖はあまり知られていない。筆者は以前より、自分や家族がどれだけ内部被ばくしているかを知るためには、やはり検査を受ける必要があると考えていたところに、「我孫子内部被ばく検査センター」という施設が開設されたことを知った。しかも、比較的低料金で検査を受けられるというので、家族4人で行くことにした。結果として、極めて衝撃的な事実を知ることになったのだが――日本の放射能汚染、その知られざる実態についてお伝えしたい。

・ 前編 【実録】3.11以降、日本人全員が内部被ばくしている! 検査を受けてわかった衝撃的事実


■ついに筆者が検査を受ける!

 同センターの担当者、新納氏の説明が終わると、ついに検査が始まった。筆者は事前にセンターのウェブサイトを読み込み、「全国民が内部被ばくしている」旨を知っていたため、子ども2人の内部被ばくの可能性も含めて、それなりに覚悟して検査に臨んだ。

 まず、一人ひとりの情報を質問用紙に記入する。生年月日・身長・体重のほか、「よく汗をかく方ですか?」、「お風呂に長くつかる方ですか?」といった質問もある。その後、各自が個室に入り、PCを操作する新納氏の横で、アンチドザに座って検査を受ける。

 検査の間、会話をすることは自由だが、頭と背中を常に椅子の背に密着させる必要があった。4歳の息子と2歳の娘は、5分間じっとしてくれるか心配だったが、おもちゃなどを持たせて、なんとか測定を完了できた。家族が検査を受けている間、設立者の吉田氏もセンターに到着し、話を聞くことができた。


■果たして筆者の測定結果は!?

東京に住む筆者が、家族で「内部被ばく検査」を受けたら…!? 今こそ知ってほしい放射能汚染の真実の画像3検査を受ける筆者の娘 写真提供:百瀬直也

 さて、検査を無事に終えると、プリントされた家族4人の測定データをもとに新納氏が結果を説明してくれた。まず筆者のデータを見ると、セシウム137の値が「58.06Bq」とあり、これは「とても少ないです」という。セシウム134は「ND」(No Data)つまり「不検出」となった。これは、測定限界の最低値である50Bqよりも低かったことを示している。セシウム134については、家族4人とも不検出となった。放射性セシウムには137と134があるが、137は半減期が30年と長く、内部被ばくすると(半減期が2年である)134よりも長く体内にとどまることになるため、検査では重視される。

 筆者の場合、体重比でいうと、セシウム137は「1Bq/kg」とあり、体重1kgあたり1Bqの内部被ばくとなった。

 次に、妻の測定結果を見ると、セシウム137・134とも「不検出」で、これまでに検査を受けた人々の中では少数派のようだ。

 そして、4歳の息子のセシウム137は「46.64Bq」で、体重が少ないため1kgあたりでは1.86Bq/kg」と、父親より高い値を記録した。2歳の娘も「47.04Bq」で、同様に1kgあたりでは「2.6Bq/kg」となる。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ