東幹久、衝撃の“老化”! 二重あごだけなく、髪の毛に“見逃せない変化”

関連キーワード:

東幹久、衝撃の老化! 二重あごだけなく、髪の毛に見逃せない変化の画像1画像は、bleuailes公式HPより

 人気ホラーゲーム「バイオハザード」シリーズを実写化した舞台『BIOHAZARD THE Experience』の製作記者発表が1月18日に行われ、出演者たちが登壇した。メインキャストの1人である俳優・東幹久は原作シリーズへの思い入れを語ったほか、主演の若手イケメン俳優・横浜流星の名前を出して「僕、47歳だから、(20歳の横浜とは)27歳差のアクションがありますので、流星くんに負けないように“キレ”を出さなきゃ」とコメント。そんな東も若い頃は“正統派二枚目俳優”として活躍していたものだ。

「東といえば、1995年から放映された歯磨き粉『アパガード』のCMのキャッチフレーズ『芸能人は歯が命』が、その後も本人の代名詞のように定着しています。最近はテレビなどで見せるキャラクターでも親しまれ、バラエティ出演も珍しくありませんが、若手時代はドラマで演じる二枚目的なイメージが強かった。同舞台で主演を務める横浜は現在、女性ファンを中心に熱い支持を得ていますけど、昔の東も負けず劣らず多くの女性をメロメロにしていたものです」(マスコミ関係者)

 しかし月日は流れ、今では本人も口にしていた通り47歳という年齢になり、カテゴリー的にはアラフィフ俳優の仲間入りをしている。そのため、ビジュアルにもあちこち変化が起きているようだ。

「まず、『芸能人は歯が命』と眩しい笑顔を浮かべていた頃のシャープな体型は崩れ、横から見た顔には二重あごもできていました。また、この日の東は白いパンツを着こなしており、年齢のわりには若々しい印象を受けたものの、やはり本当に若い横浜と並ぶと“老い”が際立って見えました」(同)

 さらに、東の“髪の毛”にも見逃せない変化が起きているとか。

 「特に男性にとっては重大な悩みの1つと言えますが、かつての二枚目・東ですら、髪が後退しているようです。まぁ、芸能人がよく言われる“劣化”というよりは、“貫禄”が出ているといった感じでしたが……。簡単に言うと、やはり『老けたな』と感じてしまいました。彼がドラマで大活躍していた頃にまさにテレビで見ていた世代としては、軽くショックを受けるレベルでしたね」(同)

 それでも、舞台では東自身が宣言していた“キレのあるアクション”を披露できれば、年齢や見た目とのギャップで新たなファンを獲得できるかもしれない。

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。