淫行疑惑の狩野英孝、匿名を条件に暴露された“衝撃の事実”とは? フライデーの掲載経緯も

関連キーワード:

,

淫行疑惑の狩野英孝、匿名を条件に暴露された衝撃の事実とは? フライデーの掲載経緯もの画像1

 もはやギャグでは済まされない状況となっているのが、天然ボケでお馴染みの狩野英孝だ。週刊誌FRIDAY(講談社)に「17歳女子高生と淫行疑惑」とスクープされ、雑誌発売日の翌日21日に緊急記者会見。当面の活動自粛を申し出た。狩野も「当初は22歳と聞いていた」と話しているという。

 過去には、極楽とんぼ山本圭一が未成年に飲酒をさせ性行為まで行い、被害届を出されたことで吉本興業をクビに。年数にして10年近くも表舞台には出られなかった。それを踏まえると、今回の狩野の一件も即刻解雇でもいいような騒動だが、芸人仲間の中には、狩野に同情的な者もいるようだ。匿名を条件に、週刊誌でも書かれず記者会見でも言えなかった本当のところを教えてくれた。

「狩野さんは、確かにある時期までは未成年とは知らなかった可能性があります。というのも、芸人の飲み会に今回の少女を連れて『新しい彼女なんだ、元々ファンなんだけどね』と紹介をしていたくらいですから。いくら彼が天然でも、未成年の彼女を紹介はしないと思います……。とはいえ、彼女の誕生日にプレゼントもあげていたというウワサもありますから、時系列を明確にせねばなりませんね」

 確かに、FRIDAYにも【知人】だと称するAという人物が「後輩と飲んでいる時に」この少女を呼んだと証言している。しかし、なぜ告発者が親ではなく【知人】なのか?

 「週刊誌の常套手段で、告発者を【知人】濁すのはその人物がタレコミをした本人のケースが多いです。今回は、少女が地下アイドルの活動をしていた時に知り合った業界関係者がその【知人/告発者】ではないかといわれていますが、最初はFRIDAYではなく、某週刊誌Xにかなりの額で持ち込んだようです。しかし、X誌は告発の内容を聞いて買い取らなかった。ですから、FRIDAYにはかなり安い金額で掲載されたようですよ」(週刊誌記者談)

 なぜ【知人】だという男性が、狩野がゴムアレルギーでコンドームはせず、Sっ気があり首を絞められながらプレイしたこともあったなどと驚きの証言までしているのか少々疑問が残る。果たしてこの少女か狩野以外は知り得ない情報を週刊誌に売っている“知人”とは何者なのか?

 疑問はあるものの、未成年の少女と関係をもった狩野は簡単に許されるべきではなく、しっかりと反省してほしいものだ。

淫行疑惑の狩野英孝、匿名を条件に暴露された“衝撃の事実”とは? フライデーの掲載経緯ものページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで