淫行疑惑の狩野英孝、匿名を条件に暴露された“衝撃の事実”とは? フライデーの掲載経緯も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

「週刊誌の常套手段で、告発者を【知人】濁すのはその人物がタレコミをした本人のケースが多いです。今回は、少女が地下アイドルの活動をしていた時に知り合った業界関係者がその【知人/告発者】ではないかといわれていますが、最初はFRIDAYではなく、某週刊誌Xにかなりの額で持ち込んだようです。しかし、X誌は告発の内容を聞いて買い取らなかった。ですから、FRIDAYにはかなり安い金額で掲載されたようですよ」(週刊誌記者談)

 なぜ【知人】だという男性が、狩野がゴムアレルギーでコンドームはせず、Sっ気があり首を絞められながらプレイしたこともあったなどと驚きの証言までしているのか少々疑問が残る。果たしてこの少女か狩野以外は知り得ない情報を週刊誌に売っている“知人”とは何者なのか?

 疑問はあるものの、未成年の少女と関係をもった狩野は簡単に許されるべきではなく、しっかりと反省してほしいものだ。

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。