オスと引き離されたメスザメ、単独で子どもを産める体に変化! 理学博士が緊急解説「生殖に関わらないオスは、もはやコスト」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

ZebraShark_4.jpgイメージ画像:「Thinkstock」より

■人間でもあり得るのか!?

 では、人間でも単為生殖は起こり得るのだろうか?
 
「人間を含め、哺乳類では起こり得ません。聖母マリアの伝承もあり、単為生殖についてはかなりの研究が行われていますが、自然状態ではありえないというのが今のところの結論です」(X氏)

 哺乳類のゲノムでは、母親・父親から受け継いだ2つの同じ遺伝子のうち、どちらのものが働くかあらかじめ決まっている遺伝子が多数存在する。この仕組みを「ゲノムインプリンティング」という。

「ただし、バイオテクノロジーを使って精子のみ、あるいは卵子のみから子どもを作るマウス実験は成功しています」(X氏)

 X氏によれば、いずれは技術によって人間でも処女懐胎、あるいは単為生殖が可能になる可能性はあるという。生殖はいまだ神秘に包まれた世界であるとX氏は強調した。
(吉井いつき)


・理学博士シリーズはコチラ


参考:「New Scientist」、「Nature」、ほか

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。