【閲覧注意】感電して“人間焼肉”になった銅線泥棒! 皮膚が焼ける「ジュー」音、立ち上る煙、とろけた皮膚…

関連キーワード:

,

,

,

,

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

 人間が火傷を負う危険な温度は44度から、約6時間で低温火傷になるという。また温度が1度上昇するごとに、その時間も短縮されていき、45度で3時間、46度では1時間半で火傷を負うという。つまり、熱をもったノートパソコンを長時間にわたり膝の上に乗せているだけでも、火傷をしてしまうのだ。しかし低温ではなく、一瞬で大火傷を負った男がいると、今月20日に海外ショッキングニュースサイト「Best Gore」が動画とともに報じた。

 現在、南アフリカでは電気メーターボックスから銅線が盗まれる事件が頻繁に発生しており、画像に映る男も銅線泥棒の1人だったという。銅線を盗むには、感電や爆発といった大きなリスクを伴う。どうやら今回の男は銅線を盗もうとした際に感電したようで、体から煙が立ち上り、「ジュー」と皮膚が焼ける音が聞こえてくる。皮膚はところどころ剥がれ落ち、薄いピンク色の表皮が覗き、実に痛々しい無残な姿となってしまった。男の左半身には裂けたような大きな傷もあり、傷口は焼け焦げ、黒くなっている。盗みをはたらいて負傷した男はやるせない表情をみせるが、何を考えていたのだろうか。

 今回の事件は南アフリカで発生したものだが、イギリスでも同様の事件が発生している。36歳の男が銅線泥棒を目的に変電所に侵入し、銅線に放尿したところ、なんと爆発。泥棒は体に重度の火傷を負ってしまった。また、この爆発で周囲2,000世帯が停電。被害額にして約360万円ほどの事件に発展したそうだ。


■銅線泥棒が起きる理由

 前述したように、感電や爆発といった危険を伴う銅線泥棒だが、なぜ盗もうとする人間がいるのかというと、実は現在、金属くず市場で銅の市場価値が急騰しているのだ。銅は数多くの製品に使用されており、その価格は世界の景気動向に敏感に反応することで有名だ。また、中国の不動産バブルや、米国のトランプ大統領が行った就任前演説でインフラ整備を強調したことも、銅の価格高騰の大きな要因になっているという。

 お金欲しさに自分の身を危険に晒すことになった銅線泥棒たち――。ここまで酷い怪我を負ってしまったこと自体には同情の余地があるが、自分が起こした罪によって負ったものと考えれば、自業自得といえるだろう。
(文=山下史郎)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

人気連載
5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

■2020年5月25日~31日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

【日本奇習紀行シリーズ 豪雪地帯】  今年、首都圏では...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?