空爆で両目が完全に潰れたシリア少年! カメラに向けられた“瞳なき眼差し”に心を揺さぶられる!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

※衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

 シリアで内戦が始まってから、もうすぐ6年が過ぎようとしている。アサド政権と反体制派組織、そして過激派「イスラム国(IS)」による攻防は激化の一途をたどり、多くの難民を生むとともに世界各国を巻き込んだ国際問題にまで発展した。

 さらに、アメリカやロシアが行うIS掃討を目的とした空爆によって、これまでに数え切れない民間人が犠牲になっている。2016年9月の段階で、内戦による死者数は30万人を超えたというが、空爆によって瓦礫の下敷きになるケースが多いようだ。同年8月には、瓦礫の中から救出された、うつろな目で呆然とする幼い男児の映像が公開され、世界中に空爆の悲惨さを伝えた。

空爆で両目が完全に潰れたシリア少年! カメラに向けられた瞳なき眼差しに心を揺さぶられる!の画像2画像は、「Best Gore」より

 この男児のように、子どもが空爆の犠牲者になることは決して珍しくない。今月25日にも、空爆によって両目を失った少年の姿を捉えた写真が、ショッキングニュースサイト「Best Gore」で公開された。この少年は、激戦地だったシリア北部のアレッポで政府軍による空爆に遭遇。両目が完全に潰れ、皮膚が眼球を覆った状態になってしまった。顔に痛々しい火傷の跡もみられるが、普段は医療用マスクを眼帯代わりとして使っているようだ。彼は現在、トルコとの国境近くに設置された避難キャンプで生活を送っているという。

関連記事

    関連キーワード

    18歳未満閲覧禁止

    ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

    閲覧しますか?