ピコ太郎と古坂大魔王のこれまでの収入を、TV業界人が勝手に算出! およそ●億円か?

関連キーワード:

,

ピコ太郎と古坂大魔王のこれまでの収入を、TV業界人が勝手に算出! およそ●億円か?の画像1※イメージ画像:『PPAP(DVD付)』

 2016年に最もブレイクした芸能人といえば、間違いなくピコ太郎の名前が多く挙がるはずだ。古坂大魔王としての仕事も以前からあるにはあったが、今回のブレイクで彼が得た仕事の量はその比ではないだろう。しかし、これほどの活躍が続くとなると、当然ながら気になるのがそのお金事情だ。果たしてピコ太郎の懐にはどのくらいのお金が転がり込んでくるのだろうか。

「ちまたではYouTubeの再生回数に応じた莫大なお金が入ってくると騒がれていますが、正直こちらは高くても数千万のレベルなので、全体から見ればそこまで大きな金額ではありません。それよりも、そのほかの部分での収入がすごいんです」(放送関係者)

 そのほかの収入とはいったい何だろうか。

「テレビ出演のギャラです。以前は1回の出演で15万円から20万円程度でしたが、今は2倍。30万円から40万円のギャラが払われています。さらに、イベント出演も多いのですが、こちらも2倍ほどになって1回あたり100万円といわれています。相当なお金が動いていますね」(テレビ番組プロデューサー)

 テレビもイベントも以前の2倍とはすごいが、たしかにそれに似合うだけの躍進を遂げたのは事実だ。

「また、CMギャラが莫大です。本来の知名度から言えば4000万円から5000万円ほどは取ってもいいレベルですが、ピコ太郎さんはCMギャラを抑えていて、その代わりに、たくさんのCMに出る戦略をとったようです。そのため、CMのギャラも1000万円から1500万円ほどですが、契約満了時期が不明ながら現状では8本ほどあるので、こちらのギャラだけで8000万円ほどになるのではないでしょうか」(同)

 たしかに2017年のお正月に放送されたCM出演者ランキングでは圏外から9位にランクインしているだけに、こちらも見過ごせない収入源といえるだろう。

 このような情報をもとに、ピコ太郎が「PPAP」を配信してから得たお金を計算すると、どうなるのか。

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

人気連載
12歳の少年少女が“成長具合”を観察され、全裸で海へ…! 中部地方の特殊なエローカルルールとは?

12歳の少年少女が“成長具合”を観察され、全裸で海へ…! 中部地方の特殊なエローカルルールとは?

【日本奇習紀行シリーズ 中部地方】  日頃はあまり話題...

関連キーワード