宇宙を支配する「78:22の法則」とは!? 成功者はみんな知っていた“この世の真理”を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

7822_3.jpgイメージ画像:「Thinkstock」より

 また、日本マクドナルドを一流企業へと成長させた故・藤田田社長も、「78:22の法則」を用いて成功を収めたと指摘する声もある。彼は、平均的な昼食の予算を1コイン500円と計算し、顧客はそのうち78%を使うと考えたが、その結果誕生したのが「39セット(390円)」であり、実際に大ヒットを飛ばしたのである。余談ではあるが、不思議なことに藤田社長が亡くなった年齢も78歳であった。


――いかがだろうか? 生真面目な日本人は「仕事を完璧にこなそう」「仕事が完全に終わるまで帰れない。残業だ」という考えに縛られる方も多いが、ユダヤ人の成功者達はみな「22%は達成せずとも良い。失敗した部分は次の日にやろう」という(日本人の感覚からすれば)適当な考えのもとで大業を成してきたのだ。彼らは決して完璧主義者などではなく、「ある程度の欠陥は、この世のバランスを取るために当然である」と考えていたのだ。

 あなたも、この「78:22の法則」を実生活に応用することで、公私ともに充実した人生を送ることができるかもしれない。現代を生きる魔女としても、強くオススメしたいと思う。


fukatukiyuria.jpg

深月ユリア
ポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血をひき、魔女占い師・魔女優・オカルトライター・ホラー映画プロデューサーとして国内外で活動。深月事務所代表、TR総合探偵事務所で心霊捜査担当。最新刊『あなたも霊視ができる本』(文芸社)大好評発売中!

コメント

6:匿名 2017年2月10日 16:16 | 返信

大変だ!
魔女ッこちゃんの記事にあまり鋭いツッコミを入れると、幽体離脱が趣味のおばさんのインタビューの時みたいに、
批判的なコメントは全て削除し、
書き込みもできないようにされてしまうぞ。

5:匿名 2017年2月10日 08:33 | 返信

窒素と酸素の成分比はシアノバクテリアが誕生する前と後では全然違う。そもそも地球が誕生した頃の大気はほとんど二酸化炭素だった。勉強不足。数秘術的なものには何の意味もない。ただの偶然か思い込み。

4:高野愼介 2017年2月10日 03:53 | 返信

78→ナハ→那覇
22→フジ→富士

ですね。

3:匿名 2017年2月9日 18:41 | 返信

海の割合は70.8%が正解。
だから魔女おばさんの理論の対象外確定。
似てる数字だから誤魔化そうとしたのか、マジボケなのかは知らないが誤認が多い。

2:匿名 2017年2月9日 14:42 | 返信

窒素とその他が78対22→分け方が恣意的
子供の水分割合が78→あらゆる要素に当てはまるといいながらなぜか子供に限定
腸内細菌の理想的な割合が78対22→ついに理想的とかいい出したし、理想の割合は善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7と言われています

ただの苦しすぎるこじつけです

1:匿名 2017年2月9日 13:42 | 返信

>>「22」という数字はユダヤ人が重宝する「11」の倍数であり

倍数や約数もOKなら、いろんな数字がOKになるので、こじ付け放題

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。