エビ中・松野莉奈だけじゃない! 岡田有希子、ツタンカーメン…18歳で急逝した5人の有名人!

関連キーワード:

,

,

,

エビ中・松野莉奈だけじゃない! 岡田有希子、ツタンカーメン…18歳で急逝した5人の有名人!の画像1画像は「松野莉奈公式Instagram」より引用

 今月8日朝、人気アイドルグループ「私立恵比寿中学」のメンバー・松野莉奈さんが亡くなった。18歳という若さでの突然死にファンの間には動揺と深い悲しみが広がっている。

 各メディアの報道によると、松野さんは体調不良のため7日のライブを欠席、8日午前5時ごろ、両親が119番通報して病院に救急で運ばれたが、病院で死亡が確認されたという。詳しい死因は公表されていないが、松野さんのInstagramでは、亡くなる数日前まで写真がUPされていたことから、急激に病状が悪化した可能性があるとみられている。

 10代での突然死は珍しいものであるが、世界に目を向けてみると、若くして命を絶った有名人や歴史上の人物は意外と多く、人生は長さではなく密度だということがわかる。そこで今回は、海外メディア「Toptenz」を参考に、18歳で突然命を奪われた5人の有名人をご紹介したい。


■岡田有希子(1967年8月22日~1986年4月8日)

 18歳で亡くなった日本のアイドルといえば、即座に岡田有希子の名を思い出す方も多いだろう。

 岡田有紀子は1967年8月22日、愛知県一宮市で2人姉妹の次女として誕生した。オーディション番組『スター誕生』を機に、芸能界デビューを果たし、『日本レコード大賞』最優秀新人賞をはじめ音楽祭の賞を総なめにするスター歌手にのし上がっていった。

 ところが、人気絶頂だった1986年4月、自宅マンションでリストカットを行いガス自殺を試みる。この時はガスの異臭に気付いた住民の通報で駆けつけたレスキュー隊により救出されたが、近所の病院で治療を受けた後、自身が所属する事務所が入居しているビルの屋上から飛び降り、即死した。18歳だった。報道後から、若者の相次ぐ模倣自殺が流行し、大きな社会問題となった。

 自殺の動機としては、うつ病や『禁じられたマリコ』で共演した峰岸徹から振られたことが原因といわれているが、真相は不明である。報知新聞の記者が撮影した岡田さんの自殺遺体は今でもネット上に出回っている。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ