2030年までに97%の確率で氷河期が到来することが判明! 研究者「夏は消滅し、川は凍る」

関連キーワード:

,

,

,

2030年までに97%の確率で氷河期が到来することが判明! 研究者「夏は消滅し、川は凍る」の画像3画像は「Thinkstock」より引用

 しかし、小氷期の到来を予見している科学者はザーコバ教授だけではない。2015年には、「メキシコ水技術研究所(Mexican Institute of Water Technology)」のホルヘ・サンチェス・セスマ教授が、過去10万年~2万5千年にかけての太陽の活動サイクルを比較研究したところ、太陽活動の停滞に関連した気温低下が今世紀に起こると予想している。2013年にも、西オーストラリア大学のクリフ・オリア教授が同様の結論に至っている。

「太陽黒点と気候には十分な相関関係があります。太陽の活動サイクルは、将来の気候変動を予測する上での基礎です」(オリア教授)

 2015年10月、NASA(アメリカ航空宇宙局)が、「南極大陸では失われていく氷より、増えている氷の量のほうが多い」と発表したが、このことも小氷期がすでに始まりつつある証拠といえるかもしれない。

 2030年、我々の生活は一体どうなっているのだろうか? 太陽の活動が関係している以上、予防する手立てはないが、今後各国政府が何らかの対応策を講じることも考えられる。続報が入り次第お伝えしたい。
(編集部)


参考:「The Daily Caller」、「Metro」、ほか

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ