過去CIAは火星調査を行い、巨人とコンタクトしていた! 「スターゲイト・プロジェクト」の新事実が機密資料で判明!

過去CIAは火星調査を行い、巨人とコンタクトしていた! 「スターゲイト・プロジェクト」の新事実が機密資料で判明!の画像1画像は「Disclose.tv」より引用

 2016年1月21日、CIA自ら“Xファイル”と呼ぶ、主に1940年代後半から1950年代に目撃された未確認飛行物体に関する機密情報がCIAのサイト上で公開された。その概要はすでにトカナでもお伝えした通りだが、この度2016年9月に同サイトで公開された機密情報の中にも驚愕の事実が埋もれていたことが判明した。

 なんと、CIAが超能力者を使って火星調査に本気で取り組み、巨人とコンタクトまで取っていたというのだ! 近年ますます現実味が増している「古代宇宙飛行士説」や「人類火星起源説」に、米国は30年以上前から目をつけていたようだ。


■CIA超能力者が100万年前の火星を透視!

 今回発掘された資料は、米ソ冷戦期に実際に存在した「スターゲイト・プロジェクト」の一環として実施された1984年5月22日の実験記録である。当時、米陸軍とCIAは軍事作戦などにおいて遠隔透視能力を利用しようと真剣に研究していた。その後、CIAが「成果なし」と結論付けたが、国がマジメに超能力実験「スターゲイト計画」を行っていたことがビル・クリントン政権時に明かされ、世界に衝撃を与えた。

過去CIAは火星調査を行い、巨人とコンタクトしていた! 「スターゲイト・プロジェクト」の新事実が機密資料で判明!の画像2画像は「CIA」より引用

 それでは、早速資料の内容に入っていこう。実験に先立ち、匿名の被験者(超能力者)に、「火星」、「対象とする時代は紀元前約100万年」と書かれたカードが入っている封筒が渡され、封筒の中身を見ずに、イメージされる風景を描写するよう指示される。小包の中身は実験終了まで明かされない。(以下、実験者を「M」、被験者を「S」とする)

M「小包の中身に集中して、北緯40.89度、西経9.55度に移動してくれ」

S「これは……はっきりは分からないが、あぁ、ピラミッドのようなものが見える。とても高くて、周囲は……とても荒涼とした土地に囲まれている……色は黄色っぽい」

M「いい調子だ。小包に書かれている時代に移動して、何が起こっているか描写してくれ」

S「とても厚い雲が見える。いや、まるで砂嵐だ。あぁ、これは地質学的な問題だ。なにか見える……ちょっと待ってくれ、考える時間が欲しい、これはまったく奇妙なものだ

M「見た通りに話してくれ」

S「見える、見える、なにか大きな地質上の問題が起きたあとのようだ」

(中略)

M「分かった。それでは、地質上の問題が起こる前に戻って、周囲を見渡してくれ。なにか見えるか?」

過去CIAは火星調査を行い、巨人とコンタクトしていた! 「スターゲイト・プロジェクト」の新事実が機密資料で判明!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで