【解けないとヤバイ!? 小学生レベルの算数問題】2つのサイコロの目を当てる方法を当てろ!

関連キーワード:

,

――学習専門家のみみずくが、難問だけど、大人が解けないとヤバい問題を出題!

【解けないとヤバイ!? 小学生レベルの算数問題】2つのサイコロの目を当てる方法を当てろ!の画像1画像は、Thinkstockより

【問題】

目隠しされた1人のマジシャンが言いました。

テーブルの上に、種も仕掛けもないサイコロが2つあります。お客さんのうちのどなたか、その2つのサイコロを振ってみてください。私は今、何も見えない状態です。この状態で、2つのサイコロの出た目を当てましょう

お客さんの1人がステージに上がってきて、テーブルの上の2つのサイコロを振りました。その後、マジシャンが質問をしました。

出た目のうち、どちらでもかまわないので、好きな方の目に2をかけてください。それに7を足した後、5をかけてください。最後に、もう1つのサイコロの目を足してください。数字はいくつになりましたか?

お客さんが「99です」と答えると、マジシャンは自信たっぷりに言いました。

2つのサイコロの出た目は4と6ですね!

観客席は騒然となりました。テーブルの上のサイコロは、目が4と6だったからです。

さて、このマジシャンは、どうやって2つのサイコロの出た目を当てたのでしょうか?

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ