【衝撃映像】微動だにしない“不動UFO”が激写される! 20年前出現したものと一致か=エジンバラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

■撮影地はエジンバラ旧市街!?

 この動画の撮影地は、ノルマンディーではなく、スコットランドの首都エジンバラだと主張する声が、YouTubeのコメント欄や、この動画を紹介している英紙「THE Sun」(2月14日付)に寄せられたコメントの中に見受けられる。動画の、いかにも古そうな建造物が並ぶ通りは、エジンバラの旧市街ロイヤル・マイル通りだという。決め手となるのが動画左手に見える建物。これは牧師で宗教改革の指導者ジョン・ノックス(1510〜1572年)が晩年暮らした家で、エジンバラ最古の家屋。グーグルのストリートビューで確認すると、ジョン・ノックス邸も、その向かい側の建物群もピタリ一致するので間違いない。

UFO_Over_Normandy03.jpg画像左手がジョン・ノックス邸。画像は「Google Maps」より引用

 中世の名残が今も残るエジンバラの旧市街は、世界遺産に登録されているらしいが、なぜそれ程までに有名な街を、仏・ノルマンディーだとしたのか。真意は全く分からないが、ひとまず場所は特定できた。しかし、ロイヤル・マイル通りの先、発光体がある方向を地図で確認してみても、山は見当たらないのだ。唯一小高い丘になっているホリルード・パークは方向が若干ずれるし、動画の発光体ほどの高さはない。それ以外に高くなっている場所はなく住宅地が続き、その先は北海なのだ。

 一旦整理すると、発光体が撮影された地はノルマンディーではなく、エジンバラだった。これは情報提供者か投稿者が偽ったと考えられる。しかし、発光体の方向に山はなく、山並みが霧に包まれていたという可能性は考えられない。やはり、何らかの飛行物体が発光していたと考えられるのだ。UFOの専門家はどう見ているだろうか。


■20年前の台湾に出現したUFO艦隊と酷似!?

 世界的なUFO研究家スコット・ウェアリング氏は、今回の物体をUFOだと確信している様子。なんでも20年ほど前、台湾の山間部に出現した編隊を組んでいるかのようなUFOとよく似ているというのだ。

動画は「YouTube」より引用
UFO_Over_Normandy04.jpg画像は「YouTube」より引用

 複数の光が集まっている様子は確かによく似ている。今回は動く様子が捉えられなかったが、ウェアリング氏が言うように複数のUFOである可能性はありそうだ。

 今回報告された発光体に関して、最終的な判断は読者に委ねるほかない。肝心な場面で電池が切れたり、なぜか撮影地を偽ったりと、胡散臭さはある。しかしUFOでないと言い切ることもできないのだ。いや、撮影地が判明したことで、UFOである可能性は高まった感すらある。色んな意味で謎に包まれた、この動画の真相が解明されることはあるのだろうか……。
(坂井学)


参考:「THE Sun」、「Mirror」、「UFO Sightings Daily」、ほか

人気連載
「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

■あなたが恋愛で苦労するのはなぜなのか 「あなたがイメー...

人気連載
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

コメント

1:匿名 2017年2月23日 12:00 | 返信

ちゃんと撮りなおせよ。待機中の回転マークが映っちゃったから、PCモニター画面にライトを反射させてんのがバレちゃうじゃないか!音だけ消して安心してんじゃない!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。