本物の金正男は1月下旬に殺害されていた!? ジャーナリストが「中国暗殺説」「生存説」を徹底検証!

――国際政治ジャーナリストであり、陰謀社会学者の聖橋乱丸が探る「金正男」暗殺の真相!

本物の金正男は1月下旬に殺害されていた!? ジャーナリストが「中国暗殺説」「生存説」を徹底検証!の画像1実行犯の女 画像は「The Daily Mail」より引用

 2月14日、金正男がクアラルンプールで暗殺された。まずはこれまで報道された内容をまとめてみよう。

・金正男が2月13日昼、クアラルンプール空港内で女性2人によって殺害された。
・殺害は、毒針という説と、液体を顔にかけられたという2つの説がある。
・空港内免税店の付近で急に体調が悪くなった金正男が空港職員に自分で訴えた。
・すぐに救急車が手配され、その搬送中に死亡が確認された。
・所持パスポートは「キム チョル」となっている。
・その後、ベトナムとインドネシアのパスポートを所持する女性がそれぞれ逮捕される。
・女性を含む6名以上の犯行チームで、女性2人と男1人が逮捕された。そのほかの人物の国籍はマレーシア、ベトナム、インドネシア、北朝鮮、中国とみられている
・クアラルンプール空港で指紋などにより本人確認され遺体は北朝鮮に搬送される。
・女性2人はいたずらだと思っており「殺意」に関しては否定。

 
 では、先日トカナで報じられた「金正男の腹にあったはずの刺青が死体に無い」こと以外の疑問点を挙げていこう。


1、「なぜ金正男は1人だったのか」

 護衛や取り巻きがいなかったのが疑問だ。日本の羽田空港にいた時も多数の女性がいたし、それ以外に正男が目撃された時にも、少なくとも1人ではなかった。しかし、空港で殺された金正男とみられる男は、1人でインフォメーションに体調の不調を訴えている。

2、「犯人はなぜ現場から逃げることができたのか」

 入国審査の後、出国がないのにそのまま再入国をする者の不自然さを空港職員は考えなかったのか。

3、「なぜマレーシアの事件を韓国の大韓民国国家情報院がずっと報道し続けたのか」

 韓国はそんなに毎日、金正男を追っていたのであろうか。マレーシア側が「北朝鮮国籍の男性が死亡」と発表したのは事件の発生から3日も後だった。

4、「中国政府による暗殺関連記事の一斉削除」

 中国政府系メディアは暗殺に関する報道を一切しておらず、情報統制されているものとみられている。また、15日(現地時間)には、「環球時報」と英文版グローバルタイムズに掲載された金正男氏殺害に関する記事がすべて削除されている。
 
 この「4」の動きは明らかにおかしい。各国の政府の見解などを含め、これらの疑問をどう読み解くか紹介する。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ