奇習! 北日本に今も残る「狸寝入り夜這い」の伝統 ― 寝たふりをしながら見知らぬ男に犯され続ける女たち

tanukineiri.jpgイメージ画像:「Thinkstock」より

【日本奇習紀行シリーズ】 北日本のとある地域

 この日本には、何も知らずに眠る女性の元へと忍び寄り、かなり強引な形で迫る“夜這い”の習慣が古くから存在しているが、実はこうした夜這いに関する習慣の中には、現代人の我々からすると、ある意味、かなりマニアックなものも数多く含まれている。北日本のとある地域で今なお細々と続けられている夜這いの習慣は、まさにそうした奇習のひとつだ。


「まあ、結論から言ってしまうと、夜這いをかけられても決して起きずに、寝たままでいなきゃいけないっていう習慣だね。まあ、このあたりじゃもうやっていないと思うけど、ちょっと離れたところでは今でもやってるって聞くね」


 今なお、同地方で密かに続けられている夜這いの習慣についてそう証言するのは、当地で生まれ育ち、現在も暮らしているという元農業・青木林次郎さん(仮名・69)。青木さんの話によると、当地における夜這いは、古くから「事の始まりから終わりまで女性が寝ていること」を原則とし、女性はなされるがままにするしかないという、一風変わった夜這いなのだという。


「まず、夜這いをかけられる側の女っていうのは、独身じゃなきゃいけないんだ。けど、男は妻子持ちでも構いやしない。男は奇数の日の丑三つ時(午前2時~2時半頃)になるとね、女の家を訪ねるのよ。その日は女の家もわかっていて、必ず勝手口の鍵を開けておく。すると、そこから入ってきたよその男がね、寝ている女を一方的に“なぶる”っていうわけさ」

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ