奇習! 生臭坊主たちの“性サービス”に悦び喘ぐ女たち…! 酒宴後の密かな愉しみ「ねぎらいの夜」=奈良県

奇習! 生臭坊主たちの性サービスに悦び喘ぐ女たち…! 酒宴後の密かな愉しみ「ねぎらいの夜」=奈良県の画像1画像は「Thinkstock」より引用

【日本奇習紀行シリーズ】 奈良県南部

 実に世の中には不思議な文化や習慣があるもので、それらの多くは、部外者にとってまったく理解のできないものであったり、唖然とさせられるものであるが、そうしたもののまさに典型とも言うべき習慣が、かつて奈良県南部の一部地域に存在していたという。


「そうだねえ、そもそもが“女だけ”の習慣だからね。男の私らからすると、はっきりとはわからないんだよ」


 かつて当地に存在していたという“女たちの奇習”についてそう語りはじめたのは、現在もこの地方に住んでいる山中由之助さん(仮名・78)。山中さんの話によると、その風習はこの地で暮らすすべての女性を対象としていたもので、その中身の特異性とは裏腹に、なぜか彼女たちは嬉々として参加していたという。


「毎月1日と最後の日の2日間、女たちは夜になると近くにある寺のお堂に集まってね。そこでそれぞれが持ち寄った料理や酒を飲んで宴会するんだよ。それが牛三つ刻まで続いて、そのままお堂に泊まってから、朝になると帰ってくるっていう。まあ、宴会だよね、宴会」


 この地は、そこで暮らす女性たちについて、日頃の労をねぎらうという意味で、こうした宴会じみた催しが、かなり古い時代から設けられていたという。だが、その宴会はあくまで表向きのもの。実際には、宴会の後で行われる“秘密の儀式”が、会の主たる目的なのだという。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ