「元SMAPメンバーの名前、企画会議からも完全に消えた」関係者暴露、この状況が続く可能性も

関連キーワード:

,

「元SMAPメンバーの名前、企画会議からも完全に消えた」関係者暴露、この状況が続く可能性もの画像1※画像:SMAP

 2016年12月31日をもって解散したSMAP。一部報道では、事務所の逆鱗に触れたとされる木村拓哉以外のメンバーについて、解散後は仕事を干されるとまことしやかに伝えられていた。実際のところはどうなっているのか。テレビ番組の制作現場で働く人々に元SMAPメンバーは、現在、どのような扱いがなされているのかを聞いて回った。

「結論から言ってしまえば、解散後は元SMAPメンバーの名前が企画会議などの場で出ることはありません」(放送局関係者)

 名前が出ないとは、やはり干されつつあるのか。

「それは違います。そもそものキャリアやギャラの金額の問題もあり、気軽にブッキングできる相手ではないので、会議などでも簡単には名前が出てこないんです。なので、昔と同じと言えば同じなんですよ。ですが、今は腫れ物に触るような扱いをされているため、その結果、名前が挙がる“気配”すらなくなっています」(同)

 それは一体どういうことか。

「噂通りに本当に圧力でもあればわかりやすいんですが、今のところ『使うな』とも『使え』とも言われていません。だから制作側としてはなんの気兼ねもないのですが、メンバー本人の仕事への意欲も不明ですし、事務所の意向もよくわからないままなので、キャスティング時に名前が頭に浮かんでも、それを誰も口に出そうとしないといった状況です」(同)

 どうしていいのかわからないため、様子見をしているとのことだが、それは今後も続くのであろうか。

「おそらくそうなります。現在放送中の番組でゲストとして名前が挙がることはありませんし、新番組会議の場でもメンバーの名前がキャスト候補として挙がることもありません。しばらくはこの状態が続いていくと思います」(同)

 寂しい状況だが、以前からそれぞれのメンバーが持っていたレギュラー番組以外では、活躍する姿はまだ見られないようだ。

 だが、別の関係者は一歩誰かが踏み出せば状況は変化すると話してくれた。

「局側も彼らを必要ないと思ってはいません。元SMAPメンバーが数字(視聴率)を持っているのは確かなので、どこかの局が彼らのうちの誰かを使って新番組を立ち上げれば、そのほかの局も一気に動き始めると思います。その最初の一歩をどこの局も踏み出せていないのが、現状なんですよ」(テレビ番組制作会社プロデューサー)

 果たしてその一歩目を踏み出すのはどの局で、起用されるのは誰なのか。その日がいち早く訪れることを祈るばかりだ。
(文=吉沢ひかる)

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ