「瞑想するマウス」の脳波を調べて判明! 瞑想の“本当の効果”とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■「今後1年以内に瞑想がもたらす変化や効果をより正確につかみたい」

 今回の研究では、瞑想とストレスの軽減の関連性が明らかになったが、白質の増加とマインドフルネスの抗不安作用についてはまだ不明な点が多く、今後のさらなる課題として残っているようだ。

一般に瞑想は人間が行う高度な行為と考えられているが、生物学的に(人間以外で)有効性を検証してみたい。マウスに瞑想させることが最終目的ではないが、脳の領域でどのような変化を与えられるか調査を進めたい」とニール博士は語り、今後1年以内に瞑想がもたらす変化や効果をより正確につかむことを目指している。

meditatingmice2.JPGDaily Nail」の記事より

 マインドフルネスのやり方については姿勢や呼吸法、取り組む時間帯などさまざまなスタイルがあるようだが、興味がある人はまずは自分が取り組みやすいところから1日5分でも実践してみても良いかもしれない。少なくとも数週間は続けてみないと効果は感じられないそうなので、三日坊主になりそうな人、まず自覚を持って!
(文=Maria Rosa.S)


参考:「Daily Mail」、「LA Times」、ほか

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。