全世界の魔女・魔術師が反トランプのため一斉「呪い攻撃」を開始! トランプの命運尽きたか!?

全世界の魔女・魔術師が反トランプのため一斉「呪い攻撃」を開始! トランプの命運尽きたか!?の画像1画像は「YouTube」より引用

 移民排斥、マスメディア統制、メキシコ国境での壁建設、そして在イスラエル米国大使館のエルサレム移転発言……など、過激で強硬な政策とあからさまな親ユダヤ主義で世界を変えようとしているドナルド・トランプ大頭領。対中政策でも台湾が独立国であるかのような態度をとり、東アジアの不安定さは増している。このままでは、中国・イスラム対アメリカの大戦争に発展するのではないか? という懸念も聞こえてくる。

 そんなトランプ大統領に対し、もちろん米国各地では連日のようにデモが起きているが、その参加者をトランプ大統領は「ヒラリーは負けた。ママのところに帰れ」と嘲笑。まるで困った悪ガキのような精神の持ち主だと批判されている。

 しかし、そんなトランプ流の政治に怒りを募らせた全世界の魔女・魔法使いたちが、とうとう反トランプの名のもとに結集して立ち上がり、反撃の狼煙を上げはじめたのだ!


■トランプ大統領めぐりガチの魔術バトルが勃発!

全世界の魔女・魔術師が反トランプのため一斉「呪い攻撃」を開始! トランプの命運尽きたか!?の画像2画像は「YouTube」より引用

 先月25日の三日月の晩には、深夜~未明にかけてニューヨークのトランプ・タワー前に世界各国から20人近くの魔女・魔法使いたちが集まり、「呪い」の儀式を執り行っている。儀式では、トランプ大統領の顔写真・ロウソク・水・塩、そして“転落”や“災い”を意味する「タワー」のタロットカードが用いられた。そして魔女・魔法使いたちは「大統領の舌を、手足を、悪意を鎖で呪縛せよ」と呪文を唱えたのだ。

全世界の魔女・魔術師が反トランプのため一斉「呪い攻撃」を開始! トランプの命運尽きたか!?の画像3画像は「YouTube」より引用

 しかし、さすがは強運の持ち主トランプ大統領。本人による指令があったかは判明していないが、なんとその場において、トランプ賛成派のキリスト教神秘主義者たちが登場。鏡を掲げて「呪い返し」の魔法を唱え始めるという反撃に出たのだ。この日、トランプ・タワー周囲はまるでB級オカルト映画に出てくるような呪術合戦の場となったという。果たして、どちらの呪術が強かったのか? それによってトランプ大頭領の今後の命運が左右されるかもしれない。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ