火星で“カニのような甲殻類”がまた発見される、超クッキリ! 専門家「カニは強い生命力をもっている」

 これまでにも、火星上に生物が存在することを示す痕跡の数々を発見してきた世界的なUFO研究家、スコット・ウェアリング氏がまたしても火星で生物を発見した、と発表している。

 今回、NASAの火星探査車“キュリオシティ”が撮影した最新の画像中に写り込んでいたのは、“カニ”のような生物だという。平均気温−43℃と、生物が生きるにはあまりに過酷な、荒涼とした大地が広がる火星だが、火星生物たちは厳しい環境下で必死に生き抜いているということだろうか。

 何はともあれ、まずは問題の画像をご覧いただこう。

火星でカニのような甲殻類がまた発見される、超クッキリ! 専門家「カニは強い生命力をもっている」の画像1画像は「EXPRESS」より引用
火星でカニのような甲殻類がまた発見される、超クッキリ! 専門家「カニは強い生命力をもっている」の画像2画像は「EXPRESS」より引用

 岩石が散らばる、火星地表を捉えたこの一枚。印のついた右下部分をよく見ると、どこか懐かしいファミコン的なかわいさをまとった生物がこちらを見ているではないか。体の前部に大きく突き出た左右の両手は、確かに地球の“カニ”によく似ている。しかしこの画像では、先端が“ハサミ”になっているかは分からない。そして、大きな2本の手以外に足が確認できないのだ。どうやって移動しているのだろう。

 いずれにせよ、画像では頭に2本の手が付いているようにしか見えず、“カニ”かどうかは、判断が分かれるところだろう。というより、そもそもこれは生物なのか、という疑問も残る。確かにかわいいが、転がった石がたまたま“カニ”のような配置に置かれていた可能性も十分ありえそうだ。白黒のこの画像では、あたりの石と“カニ”の区別が付かないのだ……。

 素人目には、何とも判断の付けにくいこの物体であるが、長年火星写真を見つめ続けてきた、発見者スコット・ウェアリング氏は力強く“カニ”だと断定している。なぜそう言いきれるのだろうか。氏の意見を見てみよう。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ