予断許さぬ『サザエさん』の行く末! フジに蔓延る「東芝降板後のリアルな恐怖」とは?

 東芝が米国原子力事業で巨額の損失を計上し、企業としての先行きに不安の声もあがる。そして、この推移を恐々としながら見守っている企業のひとつがフジテレビだ。なぜならば、フジテレビの看板アニメ『サザエさん』のメインスポンサーこそ東芝だからだ。

「『サザエさん』は、かつて東芝一社提供枠でした。現在は複数のスポンサーがついていますが、今もメインスポンサーであることに変わりありません。ですが、業績が悪い企業はまず真っ先に広告宣伝費を削るケースが多いです。先日、4月以降も当面スポンサーを続けるという発表がありましたが、局内では早期撤退を恐れる声がまだ挙がっています。メインスポンサーが撤退するとなれば、金銭的な打撃とともに番組イメージも悪化してしまいますからね」(テレビ局関係者)

『サザエさん』といえば1969年10月に放送を開始し、現在は放送開始から47年目を迎えている長寿番組。そのメインスポンサーが危機となれば、フジテレビとしても気が気でないはずだ。

「あと2年ちょっとで放送開始50周年なので、最低でもそこまでは頑張ってほしいという思いがあります。ただ、株主からも『撤退せよ』との声があがっていますので先は読めません。とりあえず継続する方向で考えてくれているようですが、気を抜ける状況ではないので不安の声が多いです」(同)

 近年のフジテレビといえば、あらゆるジャンルの番組視聴率が取れずに惨敗続きだが、そこに来て看板番組に傷がつくことは何がなんでも避けたいところだろう。

「『サザエさん』も視聴率の低下が叫ばれていますが、『笑っていいとも!』『SMAP×SMAP』も終わり、さらに月9に関しても打ち切り説が頻繁に出ている今、『サザエさん』まで失ってしまったらフジテレビには何もないといっても過言ではありません。だからこそ誰もが必死です。とはいえ、企業の経営に関することなので、交渉でどうこうなるものでもなく、今はただ祈るばかりですが……」(同)

 仮にスポンサー契約の打ち切りが決まれば、新スポンサー探しが始まるというが、新スポンサーの出方次第では『サザエさん』も大きく変わる可能性があるという。

「東芝は何も言わずに『サザエさん』を支えてくれましたが、今の時代の企業は番組内容にも口を挟みます。そのため、新スポンサーがたとえばゲームメーカーやスマホメーカーであれば、アニメの中にそれらが登場する可能性もあります。そうなると『サザエさん』の世界観はガラリと変わるはずです。視聴率低迷が続く中、そうした変革もアリではないかという声もありますが、上層部はこれまで通りの『サザエさん』を望んでいますので、なんとか東芝には頑張ってほしいです」(同)

 この関係者によれば「サザエさん」の1話あたりの製作費はおよそ1,500万円と比較的低予算。そのため、仮に新スポンサーを探すことになったとしてもスムーズに見つかるらしい。だが、今の状態を維持するためには東芝に頑張ってほしいとの思いがあるようだ。

 しかし、無責任なことを言うならばカツオやワカメちゃんがスマホを持っている姿を見てみたい気もしてしまう。この8日、当面は番組スポンサーを続けると伝えられたが、『サザエさん』の先行きはまだまだ不透明なのは間違いないだろう。
(文=吉沢ひかる)

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

<第6回 春日武彦→末井昭> ■■■■■猫嫌い■■■■■ ...

予断許さぬ『サザエさん』の行く末! フジに蔓延る「東芝降板後のリアルな恐怖」とは?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル