トランプ大統領夫人メラニアの超過激ヌード写真が続々流出! レズビアン、SM… 美しすぎて人気急上昇!?

 連日ニュースを騒がせているトランプ新大統領の政策だが、昨年の選挙期間中には、トランプ候補にもクリントン候補にもさまざまなネガティブキャンペーンが仕掛けられ、泥仕合の様相を呈していたことは記憶に新しい。当時のトランプ候補への誹謗のひとつには、妻のメラニア夫人の過去を暴くものもあった。

トランプ大統領夫人メラニアの超過激ヌード写真が続々流出! レズビアン、SM… 美しすぎて人気急上昇!?の画像1画像は、「New York Post」の記事より引用


■90年代のレズビアンモデル「メラニア・K」とは誰?

 現在のファーストレディーであるメラニア・トランプ夫人は、元モデルだけに過去の活躍も華やかなものであることはご存知の通りだ。選挙期間中には、主に夫人が20代の頃にヌード写真を撮影していたことが判明し、ヒラリー陣営にとって格好の攻撃材料となった。しかし、ネガティブキャペーンのはずがメラニアの魅力と人気が再燃して、むしろトランプ陣営をバックアップする結果になったように思えるのは皮肉というべきだろうか。

トランプ大統領夫人メラニアの超過激ヌード写真が続々流出! レズビアン、SM… 美しすぎて人気急上昇!?の画像2画像は、「The SUN」の記事より引用

 これまでも決して少なくない数の若かりしメラニア夫人のヌード写真が暴露されてきたが、さらに最近になって、1990年代に撮影されたというレズビアン演出のヌード写真が注目を集めているようだ。しかし、これまたなかなかスタイリッシュで魅力的な写真が多く、トランプ政権を脅かす意図とは逆に働きそうな気もするのだが……。

トランプ大統領夫人メラニアの超過激ヌード写真が続々流出! レズビアン、SM… 美しすぎて人気急上昇!?の画像3画像は、「The SUN」の記事より引用

 これらの“レズビアン写真”は1996年頃(1995年だという説もある)にニューヨーク・マンハッタンのスタジオで2日間にわたって撮影されたものであるという。その後、1997年にフランスの男性誌『Max Magazine』(現在は休刊)のクラビアページに掲載。当時25歳のメラニアはこの時、「メラニア・K」というモデル名で活躍していた。

トランプ大統領夫人メラニアの超過激ヌード写真が続々流出! レズビアン、SM… 美しすぎて人気急上昇!?の画像4画像は、「The SUN」の記事より引用

 そして彼女の“相手役”はスカンジナビア出身のモデル、エンマ・エリクソン。同じ欧州出身のモデルとして、当時は近しい仲にあったようだ。単独のヌード写真が流出した際は男性を中心に比較的好評を博したともいえるが、はたしてレズビアン仕様のこれらの写真は、今後世間にどのように受け取られるのだろうか。

人気連載
西日本の某所に超厳格な“セックスの伝統作法”を受け継がれていた場所が存在!

西日本の某所に超厳格な“セックスの伝統作法”を受け継がれていた場所が存在!

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  世の中には実に様々...

人気連載
あなたが「モテない本当の理由」がわかる4択占い! 会話下手、自分好き、個性なし… Love Me Doが容赦なく指摘、モテ指南も!

あなたが「モテない本当の理由」がわかる4択占い! 会話下手、自分好き、個性なし… Love Me Doが容赦なく指摘、モテ指南も!

■モテない理由 「公園で、子どもたちが何かを見て『仲良し...

トランプ大統領夫人メラニアの超過激ヌード写真が続々流出! レズビアン、SM… 美しすぎて人気急上昇!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル